FacebookとInstagramにミュージックスタンプ登場! 国内外の数多くの楽曲から好きな曲選択可能に

新機能ローンチを記念した動画には[Alexandros]、三代目J SOUL BROTHERS、Official髭男dismらも登場する。
SHARE
2020.02.25 11:00

https://about.fb.com/ja/news/2020/02/musicsticker/Facebookは2月25日(日本時間)、ストーリーズ投稿に好きな曲を追加できる「ミュージックスタンプ」を日本で導入することを発表した。


新機能「ミュージックスタンプ」とは?


「ミュージックスタンプ」はFacebookとInstagram、双方のプラットフォームで導入され、利用者は国内外の数多くの楽曲から好きな曲を選ぶことができる。また歌詞の一部をストーリーズ投稿に表示させる機能や、Facebookのプロフィールにお気に入りの曲を追加する機能なども同時にローンチされる。


今回、日本で導入されるのは以下の3つの機能だ。


• ミュージックスタンプ(Facebook、Instagramで対応):ストーリーズ投稿にBGMとして好きな曲を追加。歌詞の一部を選んで表示させることも可能

• 質問スタンプに曲で回答(Instagramのみ):質問スタンプに対してテキストで答える代わりに、曲を選んで回答

• プロフィールに曲を表示(Facebookのみ):自己紹介の一部としてプロフィールに好きな曲を表示






発表によると新機能は、日本の利用者にとって音楽はもっとも重要な趣味関心のひとつであることから、音楽を通じた自己表現をしたり、他者とつながったりするためのツールとして、例えば旅行の思い出に友達と撮影した動画にBGMをつけて投稿する、自分の言葉で表現しづらい感情を歌詞入りのストーリーズ投稿でシェアするなど、様々な表現に利用することが見込まれているという。

Facebookは現在、ミュージックスタンプをはじめとする音楽機能を60ヵ国以上で提供中だ。今回、日本でこれらの機能を導入するにあたっては、著作権管理団体をはじめ、業界を牽引する音楽レーベル各社や配信会社、出版社やアーティストの協力を得ることが不可欠だったとのことで、Facebookのニュースルームページでは、エイベックス、ポニーキャニオン、ユニバーサル ミュージックといった大手音楽レーベルの役員たちがコメントを寄せている。




[Alexandros]、三代目J SOUL BROTHERS、Official髭男dismの3組がローンチ記念動画に出演


加えて、新機能のローンチを記念する動画も公開。そちらには国内を代表するトップアーティストであり、Instagramをファンとの交流や情報発信に日頃から活用している[Alexandros]、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、Official髭男dismが登場。3組はそれぞれ以下のようなコメントを発表している。


[Alexandros]

「インスタは最近やり始めたばかりなのですが、本当に丁度いい。日常を直感的に切り取れるというか。メモでもなく、作品でもない、説明し難い感情みたいなものを吐き出したいときに最適です。あとここ最近NYに行く事が多かったのですが、仲良くなると必ず「インスタ教えてよ」となるので早く作らないとなーと思ってました。そんなインスタを通じて仲良くなった友達がミュージックスタンプを使っていて、日本では聴けなかったのがようやく使えるようになって嬉しいです。(Vo.& Gt. 川上洋平)」


三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

「今回フィーチャーされている『Rat-tat-tat』は、三代目にとって初の配信限定のデジタルシングルで、InstagramなどのSNSでも数多くの方々に楽しんでいただいている楽曲です。新機能のミュージックスタンプを使って、”ラタタダンス”を踊っている動画をストーリーズで気軽にシェアして、みんなで楽しみましょう!(NAOTO)」


Official髭男dism

「まずは、この度素敵な映像を撮って頂けて嬉しいです。I LOVE…という楽曲がとても暖かく響いていて幸せな気持ちになります。今回の新機能は、楽曲を新しい形で楽しんでもらう可能性をたくさん持っていると思います。Instagramはバンドの情報を知ってもらうだけでなく、ファンと繋がれる大切な場所です。メッセージを送ってくれるファンも多く、日々の励みになっています」




なお、Facebookは今後も日本の音楽業界に関わるパートナー各社との協業を進め、この分野に継続して注力していく予定。Instagram 日本プロダクトチーム 責任者のイアン・スパルターは、ミュージックスタンプをはじめとする機能を日本で導入することの重要性について「日本の利用者の皆様に対して、音楽を通じて自己表現したり、他者とつながる方法を提供するという意味において、今回の発表は始まりに過ぎません。今後もパートナー企業の皆様と協業し、新たな可能性を追求していきます」とコメントを発表している。


これまでもInstagramは、SoundCloudやSpotifyの曲やアルバムのリンクをストリーズで直接シェアできるようにするなどなど、音楽を通じたパートナー企業との提携によって、利用者の音楽体験の有り方に影響を与えてきた。それだけに今回の新機能が今後、どのような影響を音楽の流通とユーザー体験にどのような影響を与えるのかに注目が集まりそうだ。


written by Jun Fukunaga


source:

https://about.fb.com/ja/news/2020/02/musicsticker/


photo: Facebook



SHARE