FabricのDJミックスシリーズが100作目をもって終了、発表では担当するBurialのレアすぎる素顔も公開

人気ミックスシリーズがついに終了。最終作はKode9とBurialがコラボしてミックスを担当する。
SHARE
2018.08.16 09:00

ロンドンの有名クラブFabricがリリースしてきたFabricliveシリーズが、今年9月28日にリリースされるシリーズ100作目をもって終了する。 


2010年以来のコラボミックスを行うKode9とBurial 


Fabricliveシリーズは、2001年から17年間に渡り、数々の有名DJをフィーチャーしてきた人気DJミックスシリーズ。その最後のミックス作品となる『FABRICLIVE 100』にはUKの名門ベースミュージックレーベル「Hyperdub」の設立者のKode9とレーベルの看板アーティストとしてベースミュージック界きっての人気アーティストであるBurialをフィーチャー。2人がコラボしてDJミックスを行うのは、2010年にBBCのMary Anne Hobbの番組以来とのこと。


デジタル、CDのほか4枚組レコードも発売  


また『Fabriclive 100』は、デジタルとCDのほか、DJミックスされていない状態の使用曲が収録された4枚組のアナログレコードも発売されることが決定。現時点ではどの曲がミックスされているかは明らかになっていないが、もしかしたら未発表のHyperdub作品やBurialの新曲が使われる可能性もなきにしも非ず。 


リリース発表にあわせてBurialのレアな素顔も公開 


このようにダブステップのレジェンド同士のコラボとなる本作だが、そのリリース発表にあわせてKode9は、自身のInstagramでBurialの素顔を収めた写真を公開。




Burialは、デビュー当時から覆面アーティストとして活動しており、Stereogumによれば、昨年発売から10周年を迎えた2007年のセカンドアルバム『Untrue』リリース時にようやく正体を明かしたものの、これまでに素顔の写真が公開されたことは非常に少ないとのこと。そのため素顔の公開は、非常にレアであり、そこからは名誉あるFabricliveの幕を降ろす大役を務めるという彼の意気込みを強く感じる。



ロンドンを代表するクラブ、レーベル、アーティストが三位一体となって制作する『Fabriclive 100』。シリーズ終了は正直、残念だがラストDJミックスへの期待は高まるばかりだ。


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.stereogum.com/2010397/burial-reunites-with-kode9-for-final-fabriclive-mix-shares-rare-photo/news/


photo: Fabric



SHARE