エリカ・バドゥが差別発言? 炎上騒ぎも、行き過ぎたメディアの”釣り記事”に批判

インタビューでの発言がヒトラー支持とメディアが取り上げる。意図した発言とは異なる内容が伝わっていると主張
SHARE
2018.01.28 03:00

R&Bシンガーのエリカ・バドゥ(Erykah Badu)が先日、Vultureのインタビューで答えた発言が人種差別、非人道的だとして炎上した。



インタビューでの発言がきっかけで炎上  


問題となったのは、Vultureが行ったインタビューでエリカ・バドゥがナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーにも良い面はあると発言したと、他メディアが報じたことがきっかけ。


あたかも彼女がヒトラー支持者のように思わせるセンセーショナルな見出しでネットユーザーがバドゥに反発。問題発言が強調された内容のミームが出回り、エリカ・バドゥの発言は議論を呼ぶものになった。


In Conversation: Erykah Badu

http://www.vulture.com/2018/01/erykah-badu-in-conversation.html


 




発言が誤解されていると反論  



これらの批判に対し、エリカ・バドゥは自分の意見が誤解されていると反論。メディアの見出しに吊られて、記事の内容を確認せずに誰かを非難する流れを作る現代のネットメディアに対し苦言を呈する投稿を行った。 


今回の炎上騒ぎに関して、エリカ・バドゥは問題の部分で伝えたかったのは寛容さを持つことで、その極端な例として極悪人のヒトラーの名前を出したと釈明している。


インタビューを読むと、女性に対する暴行疑惑がある人物や人種差別発言を行う人物などについて悪とされる部分はあるが、良い面も持っているため物事をひとつの面から判断せず、別の側面から見て判断することの大切さを語っていた。



しかしインタビューの中では、例えがヒトラーだったことから、エリカ・バドゥとインタビュワーのDavid Marcheseとの意見が対立していることも分かる。


エリカ・バドゥがヒトラーで良い面があるといったのは彼の画家を目指していた部分だ。しかしインタビュワーの指摘は、人種差別など様々な差別が社会問題になっている現代に、ヒトラーの良い面を語ることは不適切だとポリティカル・コレクトネスとして指摘されていた。  


エリカ・バドゥ自身はインタビューで、自分は差別主義者でなく、人道主義者だと語っている。そのことについては、インタビュアーからは、ヒトラーのような人物からも良い部分を見出すことは自分には高尚すぎると皮肉めいた言葉もかけられていた。 


メディアは人々が議論を呼ぶような話題が好きだと知っている  


エリカ・バドゥの考え方は独特なものだ。人によっては綺麗事だと思う人も少なくないだろう。なぜなら第二次世界大戦中、大量虐殺を行ったナチスとそれを主導したヒトラーは、欧米諸国では無条件で極悪人として認識されているからだ。


ヒトラーを部分的にも良い面があると発言したことは、多くの人々から非難されても仕方がない。ただ、今回の炎上騒動について、彼女は人の注意を引くためにメディアが行う”釣り”が炎上の原因だと主張していることにも注目したい。 


この発言を報じたメディアの記事タイトルには、CBS News「Erykah Badu defends Adolf Hitler, Bill Cosby」、NME「Erykah Badu says she can even see good in Hitler」など、センセーショナルなタイトルが目立つ。


本来、エリカ・バドゥが良いと発言した画家を目指すヒトラーの面だということは読み取れない。



エリカ・バドゥはTwitterで「メディアは、タイトルに釣られた人は全文を読まず、インパクトがあるキーワードだけで内容を判断する。しかも、このような議論を呼ぶような話題は、意見を主張したがるネットユーザーからは好まれることを理解している」と指摘。しかし、この主張もまた人によってはもっともだと素直に受け入れる者、言い訳だと反論する者が出てきて意見が分かれそうだ。  


実際、インタビュー全文をしっかりと読んだ者からは、「全ての人間には善良な部分があることには同意だが、ヒトラーに関しては間違い。彼は純然たる悪だ。それは仮に彼が良い画家であったとしてもベジタリアンだったとしても、ユダヤ人の大量虐殺と戦争で多くの人の命を奪ったことには変わりはない。それを軽視することは恥ずべきことだ」という批判もある。



議論が起こる話題は受け手側の捉え方によってはどの角度からでも炎上する危険がある。しかも、エリカ・バドゥが語ったように物事を違うひとつだけでなく違う側面からも見ることができれば、その可能性は限りなく広がり続ける。


そのことから考えるとエリカ・バドゥにとっては今回の炎上騒ぎはなんとも皮肉な話ではないだろうか。それを指摘するこの記事についても読み手からの意見が分かれそうだ。


参考:

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5313841/Erykah-Badu-says-Hitler-comments-misconstrued.html

http://www.vulture.com/2018/01/erykah-badu-in-conversation.html

http://www.nme.com/news/music/erykah-badu-says-can-even-see-good-hitler-2227170

https://www.cbsnews.com/news/erykah-badu-defends-hitler-cosby-in-interview/


Written by Jun Fukunaga

Photo: livepict.com

SHARE