スウェーデン出身の世界的DJ・Eric Prydz(エリック・プライズ)の歴史や代表曲

Eric Prydz(エリック・プライズ)の長年のキャリアから紡ぎ出される間違いない名曲をチェック!
SHARE
2018.05.04 14:06



15年以上活躍し続けている大御所DJ


ストックホルム出身の男性DJ・Eric Prydz(Eric Prydz:エリック・プライズ 、 英語発音エリック・プリッツ)は、2000年代前半から活動をスタートし、その後、15年以上も浮き沈み激しい音楽業界にて長く高いレベルでの活躍続けているスウェーデンを代表するアーティストである。そんな彼の辿ってきた歴史や代表曲・おすすめ曲を紹介する。





3つの名前で活動!?


エリック・プライズ(Eric Prydz)は、1976年生まれのミュージシャンで、フルネームはEric Sheridan Prydzという。外見的には相当なイケメンで背も高く、俳優顔負けのルックスを持っている。母国はメイヤ、The Cardigans、Cloudberry Jamなど日本でもおなじみのアーティストを生み出した国で、音楽的に日本ととても相性が良いと言われてきたスウェーデンである。その国の首都であるストックホルム出身の彼は、2000年代初頭からEric Prydzという名義にて、シングル曲やEPを発売してまず地元スウェーデンや英国での人気を高めていく。その後、Eric Prydzという名義以外での活動も行うようになり、2003年からはCirez D、2004年からはPrydaというアーティストネームでもシングル曲やリミックス作品をリリースするようになっていく。なお、昔も今も、あくまでEric Prydzとしての活動がメインであり、Cirez D・Pryda名義での活動は小規模にとどまる。




2004年にブレイク!


そんな中、2004年に大きな転機がやってくる。Eric Prydzという名義にて、Steve Winwoodというアーティストの1982年のある楽曲をサンプリングした「Call on Me」という曲を2004年9月にリリース。この曲がスウェーデン、英国をはじめ、フランス・ドイツ・アイルランドなどの総合チャートで軒並み1位を獲得し、一躍、ヨーロッパ圏にて大ブレイクを果たす。2006年にはピンクフロイドの1979年作品「Another Brick in the Wall (Part 2)」のリミックス作品を「Proper Education」というタイトルでリリースし、ヨーロッパ各地でヒットしたほか、アメリカでもヒットしたためアメリカでもブレイク。その後も「Pjanoo」「Every Day」「Tether」などたくさんのヒットシングル曲を生み出して、ヨーロッパ圏最高ランクのDJの一人にまで数えられる存在となっている。



Eric Prydzの代表曲1「Call On Me」


Eric Prydzの最大の代表曲と言える曲が、2004年に発表されてヨーロッパ各地でメガヒットした「Call On Me」という曲である。この曲は、英国の世界的アーティスト・Steve Winwoodが1982年に発表した「Talking Back to the Night」というアルバムに収録されている「Valerie」というシングル曲をサンプリングした作品である。原曲の「Valerie」も、サビでの"Call On Me"とSteve Winwoodが連呼する部分が実に耳に響く名曲であるが、Steve Winwoodの声をそのままバックの音で使用しているこの曲も実にキャッチーな仕上がりになっている。日本やアジア圏でも人気が高い曲だけに、Eric Prydzを聴いてみるならこの曲から聴き始めることをおすすめする。


Eric Prydz - Call On Me



Eric Prydzの代表曲2「Proper Education」


続いて、英国が世界に誇るバンド・Pink Floydの1979年作品のリミックス曲である「Proper Education」という大ヒットシングルも「Call On Me」同様に人気が高い。こちらはPink Floydのアナログな雰囲気の原曲「Another Brick in the Wall (Part 2)」の音源を使用しつつも、原曲とはまったく違うデジタル感溢れる素晴らしい仕上がりになっている。EDMも古い英国ロックも両方好きだという人にはこの作品をおすすめしたい。


Eric Prydz VS Pink Floyd - 'Proper Education' 



Photo: https://www.facebook.com/EricPrydzOfficial/

Written by 編集部




SHARE