ENDRECHERI過去作品がデジタル解禁! 既存ファン以外こそ聴くべき3タイトルの配信がスタート

堂本剛による圧倒的なファンクネスを感じる「ENDRECHERI」の過去3タイトルを今すぐチェックしよう。
SHARE
2020.06.18 07:00

2018年のサマーソニック出演時にその圧倒的な和製ファンクぶりが既存ファン以外の間でも大きな話題になった堂本剛の音楽プロジェクト「ENDRECHERI」の過去にリリースした3作品がデジタル解禁となった。



『HYBRID FUNK』など過去3作品が音楽サブスクでも配信開始! 


今回の解禁は、堂本剛がシンガーソングライターとして活動をして15周年の節目を迎えるにあたり、リリースされた待望の新作アルバム『LOVE FADERS』のリリースにあわせて行われたもの。現在は、『HYBRID FUNK』、『on e more purple funk… -硬命 katana-』、『NARALIEN』の過去3作品がSpotfyやApple Musicなど各種音楽配信サービスでも配信中だ。既存ファンはもとより、PファンクやD'Angeloを引き合いに出される形で普段、ジャニーズ作品に親しみがない音楽ファンからも高く評価されてきた「ENDRECHERI」。先述の3作品では、堂本剛というフィルターを通した彼独自の”ブラックミュージック”を聴くことができる。



ファンクやブギー以外にもクラブミュージックファンが思わず唸る楽曲も! 


またファンクやブギーに限らず、例えば、2018年にリリースされた『HYBRID FUNK』では、トラップ、アフロビート、トライバルハウス、EDMの要素をひとまとめにしたかのような「END RE CHERI」、『one more purple funk... -硬命 katana-』では、近年人気のLo-Fiヒップホップにも通じるメロウな「Rainbow gradation」、昨年リリースされた『NARALIEN』では、スペーシーなアンビエント曲「We need to come toghether」といった、クラブミュージックファンとも親和性が高い楽曲が収録されていることにも注目したい。


現在、Spotifyではリリース作品を一挙にチェックできるプレイリスト「This Is ENDRECHERI」も公開中だ。これまで気になっていたけど、チェックする機会がなかったという人こそ、この機会にチェックしておくべし!



関連記事:堂本剛「ENDRECHERI」、サマソニでのファンク感がヤバくてライヴが最高にクールだと話題に


written by Jun Fukunaga



SHARE