クラブシーンにも影響与えたVan Halenのギタリスト、Eddie Van Halenが死去

バンドの作品はJusticeやDrakeらもサンプリング。ロックシーンだけでなくクラブシーンにも大きな影響与えた。
SHARE
2020.10.07 08:00

ハードロックバンド「Van Halen」のギタリストとして知られるEddie Van Halenが、10月6日に死去したことが、Eddie Van Halenの息子でVan HalenのベーシストでもあるWolfgang Van Halenのツイートによって明らかになった。65歳だった。



「Jump」、「Panama」のヒットやライトハンド奏法で知られたEddie Van Halen 


Van Halenは、1980年代に「Jump」、「Panama」 などがヒットしたほか、これまでに全米で5650万枚以上、全世界で8000万枚以上のアルバムセールスを記録するなど、ハードロック界のレジェンドバンドとして知られている。



そのリーダーを務めるEddie Van Halenは、「ライトハンド奏法」と呼ばれる独特の演奏法でも人気を集め、後進ギタリストたちにも多大なる影響を与えた伝説的なギタリストとしても知られていた。 


Wolfgang Van Halenはツイートは、「がんで闘病中だった父が今朝亡くなった。心が壊れ、いつこの喪失感から立ち直れるかわからない。」と投稿。父であり、バンドのリーダーであり、偉大なギタリストでもあったEddie Van Halenの死を悼んでいる。


クラブシーンにも影響を与えたVan Halen 


Van Halenはロックシーンだけでなく、クラブシーンにも多大な影響を与えており、これまでに「Jump」、「Right Now」、「Mean Street」、「Runnin' With the Devil」といった曲がサンプリングされており、特に「Right Now」はDrake「Mean Street」はJusticeのような大物アーティストたちもサンプリングしている。



偉大なるギタリスト、Eddie Van Halenの冥福を祈りたい。R.I.P. ...

written by Jun Fukunaga 


source: https://www.rollingstone.com/music/music-news/eddie-van-halen-dead-200051/


photo: Alan Light

SHARE