Duke of Harajukuがネオ原宿カルチャーを体現するアルバム『RAZZLE DAZZLE』をリリース

tokyovitamin recordsからリリースされた1stアルバムは、おもちゃ箱をひっくり返したような、極彩色原宿マナー満載のサウンドとラップが炸裂。
SHARE
2020.09.14 08:30

Duke of Harajukuがtokyovitamin recordsより1stアルバム『RAZZLE DAZZLE』を配信リリースした。





原宿宇宙船サウンド満載の1st アルバム『RAZZLE DAZZLE』をDuke of Harajukuがリリース


昨年リリースされた「DUKE OF HARAJUKU」EPに続く1stアルバム「RAZZLE DAZZLE」(ラズル・ダズル)をtokyovitamin recordsからリリースした。


今作は盟友STAR BOYと作り続けてきた、“原宿宇宙船サウンド”を満載し、音楽で“HARAJUKU”の世界を構築した全14曲をパッケージしている。



mid90'sから今。音楽でクラフトしたネオ原宿の世界


作品の方向性を決定づけるイントロの「WINGS」に代表される重厚なビートに、鋭く鳴るエレクトリックなシンセを融合させた楽曲の数々はヒップでありながら程よくポップ。絶妙なバランスを担保しつつ、数々のトラックから90年代中期から後期のアニメ・初代プレステ世代を直撃する面影を見て個人的には思わずニヤリ。


「HARAJUKU ANGELS」はファンシーなフルートの音色から1997年発売現バンダイナムコから発売され、牧歌的なサウンドが印象的だった「風のクロノア」を彷彿とさせる(やりたくなった)。「BA$ED HARAJUKU 3000」のサウンドはどこかスクエアエニックスのRPG「聖剣伝説」的。Duke of Harajukuにとっての聖地であり自身のベース(拠点)を表現するにはふさわしい。どちらも原宿をテーマにしつつ、ゲームサウンドに通じるトラックから、SFやファンタジーといった異世界を感じさせるのが面白い。本人がこのようなレトロゲームを実際にプレイしたことがあるかは定かではないが、音ゲー進出の可能性はアリかも


「TONY HAWK」のタイトルについては言わずもがなだが、当時ゲーム化までされ、キッズにとっては信仰の対象といっても過言ではないスケーターアイコンへプロップスを捧げているのも粋。


「SUMMER DREAM」や、「ドフラミンゴピンク」、「POP★」といったファットなロービートから「MELT」や最後を飾る「NEVER STOP」のような疾走感あふれるトランシーなダンストラックまで乗りこなす、Duke of Harajukuのセンスが炸裂。全編を通じて多様なボーカルを聴かせる内容となっている。


キラキラと輝いていた、あるいは記憶と想像の中で今もなお輝いている裏と表、ローテクとハイテク、雑多と洗練が入り混じる憧れの街、原宿。Duke of Harajukuのフィルターを通して最新版にアップデートされたネオ原宿カルチャーを表現して見せた快作だ。






スペースシップHARAJUKU号に搭乗するカラフルな感性とキャラクター


今作には東京を拠点としたDuke of Harajukuならではのグローバルなコネクションのもとに多彩でいて多様な色、キャラクターを持っているアーティスト、プロデューサーが集結。豪華な客演も聴きどころだ。


フィーチャリングではGab3, PETZ, Young Coco, who28, マネキンラップ&ダンス・デュオFEMM, Lil B The Based Godとあらゆるアーティストが参加。ビートはStar Boy, Loesoe, Outtatown, Kyle Van Riper, Lilikoi, Aztro Boy, Jonahが手がけている。


カラフルでバラエティ豊か。幅広い世代、性別、カルチャーが交わる原宿の街のような『RAZZLE DAZZLE』は9月10日より各配信ストリーミングサービスから配信中。


僕は「MELT」です。




▶『RAZZLE DAZZLE』

リリース:2020年9月10日(木)

収録曲:

WINGS [prod. Loesoe]

HARAJUKU ANGELS (ft. Gab3) [prod. Star Boy]

RICHnFAMOUS [prod. Star Boy]

WOHX2 (ft. PETZ) [prod. Star Boy]

MELT [prod. Lilikoi]

SUMMER DREAM (ft. FEMM) [prod. Aztro Boy]

TONY HAWK [prod. Star Boy]

ドフラミンゴピンク[prod. Star Boy + Outtatown]

I GOT (YALL HOT) (ft. who28) [prod. Star Boy]

L!F3STYL3 [prod. Jonah]

GO! (ft. Young Coco) [prod. Star Boy + Outtatown]

POP★ [prod. Star Boy]

BA$ED HARAJUKU 3000 (ft. LIL B) [prod. Kyle Van Riper]

NEVERSTOP [prod. Lilikoi]


配信URL:https://linktr.ee/dukeofharajuku





Executively Produced by Duke of Harajuku, Star Boy & Vick Okada


Mixed & Mastered by Duke of Harajuku


Recorded at tokyovitamin studios





▶Duke of Harajuku


東京を拠点とするアメリカ・ジョージア州出身のアーティスト。日本の文化、ファッション、音楽、アニメなどへの興味を追いかけ、18歳の時に東京へ移住。tokyovitamin records所属で活動を行なっている。


SNS:

https://www.instagram.com/dukeofharajuku

http://twitter.com/dukeofharajuku

http://soundcloud.com/dukeofharajuku


written by Tomohisa Mochizuki





SHARE