Drakeに盗作疑惑、今度はジャケデザイン盗用がバレる

これまでにほかのラッパーのフロウの盗作疑惑があるドレイク、今度は新作シングルのジャケがその対象に
SHARE
2018.01.24 03:30

先週末、「God’s Plan」と「Diplomatic」という2曲入りシングル「Scary Hours」をリリースしたDrake(ドレイク)に盗作疑惑がかかっている。 


サプライズリリースされた「Scary Hours」  


サプライズリリースされたシングルは、昨年のルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の2018年春夏メンズコレクションでもBGMでも使用された「Signs」以来の新作音源となる。しかし、そのシングル名である「Scary Hours」という文字ロゴが入ったアートワークに対し、Rabitというテキサス州のアーティストがデザインは盗作だと主張している。 


ツアーポスターのデザインが盗用されたと主張される  


Rabitは、アヴストラクトな音楽性が持ち味で、ポストクラブミュージック系のレーベル「Halcyon Veil」を主宰している。


彼のInstagramの投稿では、ドレイクが盗作したデザインはCollin Fletcher というデザイナーが2015年に手がけたRabitのツアーポスターに酷似していると主張。


証拠としてツアーポスターとドレイクの「Scary Hours」のジャケットを並べて公開されている。さらにキャプション部分には「今朝起きたら、OVO(ドレイクが運営に関わる所属レーベル)が2015年のツアーポストからデザインを盗用している。かわいそうなCollin Fletcher。彼はいつもデザインを誰かに盗まれている」との書き込まれている。



これまでにも盗作疑惑があるドレイク  


その盗作を主張する投稿にはドレイクに失望したという意見が書き込まれるほか、これまでのドレイクの盗作疑惑問題から考えたら別に驚くことではないという意見も目立った。  


投稿の返信者がいうようにドレイクに関する盗作疑惑は今回が初めてではない。最近だと若手ラッパーのXXX TENTACIONから彼の「Look At Me」という曲のフロウを盗作したと主張されていた。それ以外にも過去にはいくつかの盗作疑惑をかけられており、YouTubeなどではその疑惑の曲を検証する動画もあるくらいだ。



ちなみに直近の「Look At Me」フロウ盗作疑惑に関してドレイクは盗作していないと主張しているが、今回のデザインについてはどうなんだろうか? 


デザインを盗用されたとされるCollin Fletcherは、「これについては多くのアーティスト、ミュージシャン、デザイナーが特定した話だ」「今回の出来事がアンダーグラウンドのアーティストとメジャーシーンとの関係を考える会話のきっかけになることを望んでいる」という声明をだしている。しかし、ドレイクからのこの疑惑に対する回答はまだ行われていない。


参考:

https://pitchfork.com/news/drake-shares-2-new-songs-listen/

https://pitchfork.com/news/drake-accused-of-stealing-new-single-artwork/

https://www.hotnewhiphop.com/drake-allegedly-asked-about-xxxtentacion-before-debuting-controversial-track-news.29530.html

http://www.businessinsider.com/rapper-says-drake-stole-his-song-for-hotline-bling-2015-10


Written by Jun Fukunaga

Photo: The Come Up Show

SHARE