全米1位ラッパー、Drakeがニューシングル「Laugh Now Cry Later」をリリース!! MVはナイキ本社で撮影

制作中のアルバム『Certified Lover Boy』からのリードシングル。フィーチャリングにはシカゴの人気ラッパー、Lil Durkが参加。
SHARE
2020.08.14 09:30

「アルバムは90%完成している」そう公言していたDrake(ドレイク)が自身名義では今年5月にリリースしたミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』以来となるシングル「Laugh Now Cry Later」をリリースし同時にMVも公開、フィーチャリングにはシカゴの人気ラッパー、Lil Durk(リル・ダーク)が参加している。


さらにアルバムのタイトルが『Certified Lover Boy』であることもアナウンスし、いよいよアルバムリリースに向けて動き出した!!






ナイキ本社で撮影されたMV


今回のMVはDrakeが何種目ものスポーツに挑戦している姿が見られるもので、撮影はオレゴン州にあるナイキの本社で行われたもの。さらにNBA選手のKevin Durant(ケビン・デュラント)、NFL選手のOdell Beckham Jr.(オデル・ベッカム・ジュニア)、Marshawn Lynch(マーショーン・リンチ)もカメオ出演している。特にDrakeがタックルで飛ばされるシーンは見ものだ。この曲では「これまでの苦悩と成功を祝う」ことをラップしており、その点に関してはラッパーもアスリートも同じ気持ちなのではないだろうか。


特にMVでは途中曲が止まりDrakeが泣き出すシーンがあるのだが、そこでは「長い戦いだけど、乗り越える気持ちを持たないとな」と語っている。少々コメディー感のあるシーンではあるが、とても印象的なのでMVでチェックしてほしい。監督はKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)やTravis Scott(トラヴィス・スコット)といった人気アーティストを多く手がけるDave Meyers(デイヴ・マイヤーズ)が担当している。



アルバムタイトルも解禁


今回のニューシングルは6枚目のアルバム『Certified Lover Boy』からのリードシングルであることもアナウンスし、アルバムタイトルも同時に解禁となった。これを皮切りに次々とリリースあるいは情報が解禁されていくだろう。


個人名義ではないものの7月中旬にリリースされたDJ Khaled(DJ・キャレド)のニューシングル「Popstar」「Greece」の2曲にも参加。さらには自身のレーベル「OVO Sound」と契約を結ぶレゲエアーティスト、Popcaan(ポップカーン)が先日リリースしたばかりのニューシングル「All I Need」「Twist & Turn」でも2曲とも参加しているとあって、アルバムに向けてかなりペースを上げているようだ。



アルバムに向けては話題作りだけでなく、しっかりとリリースのタイミングもまとめてくるあたりが何ともDrakeらしい。Lil Durkの他にどんなアーティストがアルバムに参加しているのかも楽しみだ!!



written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/drake-and-lil-durk-share-video-for-new-song-laugh-now-cry-later-watch/

https://hypebeast.com/2020/8/drake-lil-durk-laugh-now-cry-later-music-video


photo: https://www.youtube.com/watch?v=JFm7YDVlqnI





SHARE