DMXの死後初となるコラボシングルが配信開始。Swizz Beatz、French Montanaも参加

ニューアルバムやドキュメンタリーもすでに完成済みと報じられる。アルバムにはSnoop Dogg、Alicia KeysやUsherらも参加するそうだ。
SHARE
2021.04.19 11:30

ヒップホップファンに衝撃を与えたDMXの死後から約1週間。早速彼の死後初となる参加曲「Been to War」が配信開始となった。


この曲はアメリカの犯罪ドラマシリーズ『Godfather of Harlem』シーズン2のサントラに収録されており、エグゼクティブ・プロデューサーであり盟友のSwizz Beatz(スウィズ・ビーツ)、French Montana(フレンチ・モンタナ)とのコラボ曲となる。同ドラマはシーズン1が日本でもスーパー!ドラマTVにて見ることができる。サントラはストリーミングで聴くこともできるので早速チェックしてみよう。






ベストアルバムがチャート急上昇


亡くなったアーティストの功績が再び注目されることは常だが、DMXが2010年にリリースしたベストアルバム『The Best of DMX』はチャートを急上昇し、chart dataというチャート速報アカウントではビルボード200で第2位にまで上ったと伝えられている。このアルバムにはすでにシングルチャートで上位に上った「Ruff Ryders’ Anthem」「Party Up (Up in Here)」も収録されており、キャリアを総括するには丁度いいまさにベストアルバムとなっている。


さらに生前に予定されていたコンサートにも変化が。5月29日にテキサスで開催予定だったライブイベントではDMXの死を受けて、キャンセルではなくメモリアルコンサートとして開催するとのことだ。ヘッドライナーにはDMXの代わりに彼と近いアーティストをブッキングする予定とのことで、遠くテキサスの開催ながらファンとしては発表が待ちきれない。




ニューアルバムも完成していた


制作中であることはすでに別記事でお伝えしていたDMXのニューアルバム。亡くなったことでリリースに不安が持たれていたが、彼のクルーであるRuff Rydersの創設者の1人によるとすでにアルバムは完成しており、これまででもベストな作品になると発表した。Pop Smoke(ポップ・スモーク)の他にもSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)Alicia Keys(アリシア・キーズ)、Usher(アッシャー)らの参加がすでに明かされている。


同じく制作が伝えられていたドキュメンタリーもなんと完成していたとのことで、生前スタジオでの姿はSNSで公開されていたが、2021年、もしくはコロナが落ち着いた頃に本来ならば再びDMX旋風が巻き起こっていたはずだろう。本人不在であることは残念でならないが作品は楽しみにしたい。



written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/new-dmx-song-with-swizz-beatz-and-french-montana-released-listen/

https://www.complex.com/music/best-of-dmx-73-to-2-billboard-200


photo

https://www.facebook.com/224574657618962/photos/pb.100044551921256.-2207520000../2345693422173731/?type=3




SHARE