緑色の髪型がトレードマーク。Skrillexも認めたフィメールDJのMijaとは。

ジャンルレスに積極的にDJ活動をする女性DJ、Mijaについて紹介
SHARE
2018.05.12 14:35


ジャンルレスに積極的にDJ活動をする女性DJ、Mijaについて紹介


今では世界中のパーティーに引っ張りだこなフィメールDJのMija(ミーハ)。現在はSkrillex(スクリレックス)のレーベルの『OWSLA』所属で人気DJとして活動している彼女であり、様々なアーティストやDJとコラボレーションでも成功している。そこでMijaがDJとして、そしてアーティストとして活躍しているのかを紹介しよう。


プロモーターからDJへと転身



Mijaの本名はAmber Giles(アンバー・ガイルス)。1992年5月30日のアメリカのアリゾナ州のフェニックス出身。17歳からレイヴイベントなどのプロモーターとしてキャリアを始め、当時からドラムンベースやハッピーコアなどのジャンルのファンだったという。その活動の中で、2010年に彼女がプロモーターとしてブッキングしたSkrillexと出会っていた。Mijaとして本格的なDJ活動を始めたのちに、2014年のBonoroo Festival (ボナルー・フェスティバル)にて出演した際には、Skrillexが飛び入りでB2B参加し、観客を沸かせた。プロモーターの時のMijaを覚えていたのだが、当時から彼女に一目置いていたのだろう。SkrillexとのB2Bが話題となり、Mijaもその後からOWSLAに所属し活動している。今でもSkrillexとはお互いを刺激し合う大切なファミリーと言う。



また、珍しいアーティスト名のMijaは、DJデビュー当時に付き合ってたボーイフレンドから呼ばれていたニックネームだそう。"ミーハ"はスペイン語で僕の娘という意味。今でも妹的なやんちゃな雰囲気が残るのもMijaとしての魅力。




ジャンル問わず活動するMijaの"FK A Genre"とは?



Mija自身が掲げる自らのジャンルを、"FK A Genre (Fuck A Genre)"と呼んでいる。"ジャンルなんてくそくらえ"という意味。それは、自身のサウンドを一つのジャンルに分類されるのを嫌っているからだ。フィメールDJとしてのキャリアの始めはハウスであるが、後にトラップ、フューチャーベース、ハッピーハードコアなどの様々なジャンルに挑戦しているMijaには、確かに一つのジャンルとして当てはめる方が難しい。


2015年から2016年には『FK A Genre』ツアーを開催し、ジャンルに問わず、同じイベントやパーティでは会わないであろうアーティストやDJなどをサポートアクトとして呼んだ。予想外の組み合わせや自由な空間に訪れたオーディエンスたちも新しい発見が多かっただろう。Mijaの"FK A Genre" のスタンスは彼女の手掛けた楽曲にも表れている。


Ghastly & Mija - Crank It (feat. Lil Jon)


Mija & Vindata - Better


Mija - Secret



mija-no surprise (radiohead cover)



盟友であり同じOWLSLAファミリーのDJ、Ghastly(ギャストリー)とラッパーLil' Jon(リル・ジョン)とのコラボ曲「Crank It」はベースが基盤であるが、Vindataとの「Better」ではフューチャーベース、「Secret」ではドラムンベースとジャンル問わずに楽曲発表している。さらにはRadiohead(レディオヘッド)のカバー曲「no surprise」をイメージビデオとともにも出した予想外の発表に話題となった。このようにMija自身が制作している楽曲にも、彼女の自由で囚われない音楽活動が感じられる。




ファッションデザイナーとしての一面



2016年にはMade by Mijaを立ち上げ、Tシャツ、フーディやソックスなどをメインにデザインをしており、スポーツブラやスニーカーも展開している。主にモノクロの色調でMijaならではの世界観に溢れるデザインとなっている。ユニークにもシンプルにもコーディネートができるようなラインアップ。フィメールDJとしてのみではなく、ファッションデザイナーとしても活躍中。Mijaの"FK A Genre"スタンスと同じく、DJだけではなくアーティストとして幅広く活動している。




2015年にはULTRA JAPAN、2017年にはelectrox、ageHaやSOUND MUSEUM VISIONのイベントにも何度か出演をしている。自ら"日本フリーク"と自負する親日家で、日本人アーティストやDJとも親交が深い。度々来日公演をしてくれているため、今後も彼女の出演イベントも要チェック。Mijaの今後の活躍にも目が離せない。


参考:

Facebook: https://www.facebook.com/djmija/

Twitter: https://twitter.com/hi_mija

Instagram: https://www.instagram.com/hi_mija/

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCzSiQu1u5wCl-9iodZxNuuQ/


Written by 編集部


SHARE