DJ KOMORI、シンガーaimiを迎えた新曲「TOKYO HOMESICK - I’m right here」をリリース。トラックのアレンジにはJuice WRLDの楽曲を手がけたBen Lidskyが参加

VJ WADAKENが手掛けたミュージックビデオは4/28 21時にプレミア公開される。
SHARE
2021.04.28 03:00

コロナ禍で人々が感じた孤独感。 一見華やかな大都会東京で、大人がひとり孤独を抱えながら日常を繰り返す現代。これを「TOKYO HOMESICK」と題し、ノスタルジックな世界をDJ KOMORIが綴るR&Bプロジェクトが始動。


第1弾となる今作「TOKYO HOMESICK - I’m right here - feat. aimi」は、昨今のR&Bらしいメロディーラインを描きながらも、同時に重厚なトラックの没入感が強烈に楽曲全体を覆いこんだ形が印象的な作品である。どこまでも深く沈み込むようなトラックと、美しいメロディーのコントラストが生み出す世界。DJ KOMORIが捉えた現代の刹那を堪能できる仕上がりとなっている。



シンガーには、UKマンチェスターのライブ・オーディションでアジア人初の優勝を飾った注目のシンガー、aimiが参加。また、楽曲アレンジには、Juice WRLD(ジュース・ワールド)の楽曲も数多く 手がけたLAのBen Lidskyが参加、本人からのコメントも届いてる。


“It was great working with Dj Komori on this global project. The collaboration across cultures and continents was inspiring to be a part of. I can’t wait to hear this played in a club when quarantine is over.” ( Ben Lidsky:https://genius.com/artists/Ben-lidsky )


今回はDJ KOMORIと一緒にこのグローバルなプロジェクトに携われたことに心から感謝しています。文化や 大陸を超えたコラボレーションに参加できたことはとても光栄でしたし、またとても刺激になりました。コロ ナが1日も早く収束し、クラブでこの曲がプレイされる時を楽しみにしています。- Ben Lidsky 


DJ KOMORIコメント

ーひさしぶりのリリースについて

地球規模で様々な生態系の課題を抱える状況の中で、自分にとって全く新しいコンセプトが浮かんだ。 個としてのTOKYOでの生活と、世界との結びつきを感じさせる作品を残しておきたいと考えたのがこの作品になります。


ーどういった思いで作ったのか

1つの楽曲で都市に住む視点を通して、進化と退廃、孤独と繋がりをイメージしてサウンドを作りました。 ジャケットデザイン、映像のビジュアルは、コンセプトを着想した時点のイメージを最大限に広げて製作してもらいました。


ーどんな楽曲に仕上がったのか

Vocalとソングライトには新進気鋭のR&Bアーティスト”aimi”、そしてトラックのアレンジはJuice WRLD (ジュース・ワールド)の楽曲を手がけたLAの注目株”Ben Lidsky”が参加してくれました。2人とは初の共作でしたが、

本当に素晴らしい仕事をしてくれました。R&Bをベースに、多元的な価値を共創する「TOKYO」らしい楽曲になったと思います。



また、リリース日の4月28日(水)21:00に今作の目玉、VJ WADAKENが手掛けたミュージックビデオがプレミア公開される。








【リリース情報】


TOKYO HOMESICK - I’m right here - feat. aimi by DJ KOMORI

SUGARBITZ Co.,Ltd. 【配信開始日】2021年4月28日(水)

各種配信サービス:https://lnk.to/DJKOMORI_TH01


ミュージックビデオ: https://youtu.be/yovqIaHtiDo



【DJ KOMORI】




全てはブラックムービー「Juice」のDJシーンに衝撃を受けたことから始まった。

96年DJ活動をスタート。立教大学を卒業後、一度はソフトウェアサポートの大手企業に就職するも退職し、一念発起でDJ活動に専念。今や日本を代表するDJ/プロデューサーとしての地位を確立する。

起源はR&B DJ。スタート当初から顕著だったエモーショナルなDJスタイルは、他とは一線を画す空間包容力で溢れる。その幸福な空間に居合わせれば皆が彼のトリコになった。 現在では年間150本以上を数える超多忙な現場スケジュールをこなす。都内クラブ&ラウンジパーティーを始めとし、全国各地のイベント、SUMMER SONICを始めとする国内最大級フェスティバル、ユニバーサルスタジオジャパンでのDJアクト、海外アーティスト来日公演のフロントアクト、更には神戸コレクションのサウンドプロデュースなど、常に第一線の現場で活躍を続けている。

ディスコグラフィーを見渡すと、MIX CDはオリコンインディーズチャート1位を獲得したものが多数枚。 プロデューサーとしての楽曲制作では、Redfoo (from LMFAO)、Cassie、Faith Evans、TLC、Earth Wind & Fire、Mya、JaySean、Lil’ Eddieといった海外のアーティストの楽曲から、倖田來未、青山テルマ、KEN THE 390、MIHIRO、日之内エミといった邦楽曲まで、幅広いテイストの楽曲を手掛ける。リリース楽曲はレコチョク3冠の達成、iTunes R&Bチャート堂々の1位達成などを記録。DJ活動20周年を迎えた2017年にはビクターよりキャリア初となるベスト盤もリリースしている。

アーティスト活動をする一方で、日本初となるプロのDJがプロデュースする本格的なオンラインDJスクー ル「MIXFUN!」を開設。自身がファウンダーとなり、プロのDJ経験で培ったノウハウを惜しみなく提供している。

ここまで一躍スターダムを駆け上がり、大御所DJと呼ばれる立場になった今でも、彼自身の姿勢は周りが驚くほどに変わらない。常にファンを一番に大切にし、自分の大好きな音楽にいつまでも素直に向き合っている。進化し続けながらも、変わらぬ芯のあるアーティストだからこそ、唯一無二のDJとしてシーンに存在し、多くのオーディエンスの喝采を浴び続けている。そこがまた、人々を惹き付けてやまないDJ KOMORIの素晴らしく大きな魅力なのである。


【aimi】




R&B シンガーソングライター。千葉県成田市出身。幼少期にソウルやディスコミュージックを聴き始め、90's, 00's R&Bに影響を受ける。学生時代に留学先のイギリスマンチェ スターでライブオーディションに出場し、アジ ア人として初優勝。歌手の道に進むことを決意する。

長年のライブ活動と自主制作を経て、2020 年『aimi』として新たなプロジェクトを始動。2019 年、音楽プロデューサーShingo.Sとの出会いをきっかけに、楽曲制作をスタート。2020年5月にリリースしたデビューEP「Water Me」が iTunes R&B / ソウルチャートで初登場1位 を獲得。リード曲「Sorry」がJ-WAVEのSONAR TRAXに選ばれ、パワープレイされる。

楽曲は英語と日本語両方で制作しており、国境を越えた音楽活動を目指し、精力的に活動している。

2021年1月よりblock.fmにてDaBookとDJ AKITO (Chilly Source)とR&Bプログラム『Vibe-In Radio』のパーソナリティを務める。

またdisk union公式サイトにてR&B楽曲を紹介する連載コラムも担当。2月に2nd EP『Changed 4 Good』をリリースし、注目を集めている。

SHARE