DJを始めるために必要な機材とソフト

DJを始めてみたい!
SHARE
2018.07.10 23:48

DJを始めてみたい!


DJって面白そう! 始めてみたいけど、なにから始めればいいのかわからない。何が必要?機材は?ソフトってなに?そんなDJ初心者の疑問も、これを読めば解決する。DJをプレイするにあたって必要な機材とソフトを、わかりやすくまとめてみた。


DJをプレイする3つのスタイル


DJのプレイスタイルには、大きくわけて3種類ある。


まずはPCDJ。機材とソフト、それにPCを使ってDJをプレイする。今日本で1番メジャーになりつつあるスタイルだ。メリットとして、PC1台で大量の曲を管理できるから、持ち運びが楽だ。デメリットとしては、やはりPCは高額だということだ。DJのためだけにPCを買うのはハードルが高い。が、今の時代、PCがなければ困ることも多いだろうし、もともと持っている人も多い。そう考えると、PCDJを始めるハードルは高くないだろう。


次にCDDJ。CD音源を使ってDJをプレイする。メリットは初期投資が少なくて済むことだ。CD二枚さえあれば、DJをプレイできる。デメリットはやはり、大量のCDを持ち歩かなければならないことだ。DJを続けていくと、必ずと言っていいほどCD二枚や三枚では足りなくなる。欲しい曲のCDを買っていたら、いつの間にか大量のCDが……なんてことになりかねない。


最後にレコードDJ。レコードに針を下してDJをプレイする、昔ながらのスタイルだ。見ていてかっこいいと思う人も多いのではないだろうか。しかし難易度が高く、特に初心者にはあまりお勧めできない。


ここでは、最近プレイしている人が増えてきた、初心者にもおすすめなPCDJについて紹介する。




そろえなければならないもの


DJを始めるにあたって、絶対にそろえなければならないものがある。これがないと、DJはプレイできないくらい重要だ。その重要な機材を見ていこう。


まずはDJコントローラー。DJコン、といったらこのことだ。円盤が2つあったり、ボタンが大量についていたりするものを思い浮かべる人も多いだろう。基本的には、このDJコントローラーで曲をコントロールすることになる。


次にDJソフトウェアだ。これがなければDJをプレイできない。有料のものはそれだけ性能はいいが、無料のDJソフトでも十分にDJを楽しめる、高性能なものもある。


最後に、PCが必要だ。ノートPCとデスクトップPC、どちらでも使える。使用するDJソフトによってはWinodows、macのどちらか片方にしか対応していないなどの問題が起きる可能性もあるが、よほどのことがない限り大丈夫だ。プロのDJはほとんどがmacのPCを使っているが、もしPCを持っているのならmacでなくとも十分DJを楽しむことができる。




あったほうがよいもの


ここまでで、DJをやるうえで絶対に必要な機材はわかってもらえたのではないか。次に紹介するのは、必須ではないが、あったほうがよりDJを楽しめる機材だ。重要度の高い順に紹介していく。


ヘッドフォン。曲と曲をつなぐときに使用する。次の曲の入りの確認や、曲のテンポ合わせをするときに必要だ。イヤホンでも代用できるし、なくてもDJは楽しめるが、音質や密閉性を考えるとヘッドフォンは使いたい。ほとんどのDJはヘッドフォンを使用している。必須という人もいるくらい重要な機材だ。特に即興でDJをするときなどは、必須といっても過言ではない。


アンプ内蔵スピーカー。PCからも音を出すことはできるが、音質を気にするなら必要だ。PCからの音などとは比べ物にならないほどよい音がでる。音量には注意しよう。


オーディオインターフェイス。これはヘッドフォンから聞こえる音の音質を上げる機材だ。なくてもあまり困らないから、優先度は低め。




まとめ


まとめると、必須な機材はDJコン、DJソフト、PC。あったほうがよいものはヘッドフォン、スピーカー、オーディオインターフェイス。特にヘッドフォンは必須に近い。機材さえあればだれでもすぐに楽しめるのがDJの魅力だ。この記事を読んで、楽しいDJライフを始めよう!


photo:

https://www.facebook.com/pg/Serato/photos/?ref=page_internal

https://www.facebook.com/pg/BeatsbyDreJP/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE