DJがテーマになっている話題の映画をまとめてみた

夜の街に繰り出す前には映画を!! DJに関する映画をご紹介!!
SHARE
2018.08.15 11:00

夜の街に繰り出す前には映画を


これから夜の街に繰り出すとき、クラブに遊びに行くときにチェックしておきたいのがDJをテーマにした映画だ。夢を追いかける若者を色々な視点から描いているから、共感する部分が多いのも魅力である。ちょっと遊びに行く前に観ておけば気分も盛り上がるのだ。


90年代のパリを舞台にした「EDEN」


90年代パリを舞台に若者の夢と挫折を描いているのが「EDEN」だ。DJをテーマにしたほろ苦さのある青春映画で、当時のパリの音楽シーンにも注目の映画である。


90年代のフランスはエレクトロミュージックが流行していて、主人公の大学生であるポールはクラブ通いをしていた親友のディオと音楽を作り始め、DJとして活動をスタートさせるのだ。ガラージを盛り込んだ音楽が人気となり、パリでは最も熱いとされているクラブのパーティーでもDJとして活躍するのである。その歓声と夢のような光景に酔いしれるようになり、ポールの生活は一変するのだ。より音楽にのめり込むようになり、金銭感覚もおかしくなって生活もままならない、さらにドラッグに溺れるようになるのだ。恋人との関係も悪化して、次々に付き合っては別れを繰り返すのである。やがてポールが生み出す音楽にも変化が起こってしまうのだ。


監督はかつてカンヌ国際映画祭である視点部門の審査員特別賞を受賞したミア・ハンセン=ラヴである。世界で注目するべき映画監督ベストテンにも選ばれるほどの実力者だ。主人公のモデルとなった人物は監督の実の兄で、現在は作家として活動しているスヴェン・ハンセン=ラヴだ。そして世界中で人気のあるエレクトロディオのダフト・パンクが誕生したきっかけを実際のエピソードを混じえて物語に加えているのである。


EDMのDJが主役の映画「We Are Your Friends」



DJをテーマにした映画の題材に選ばれることがあまりないEDMのDJをテーマに描いたのが「We Are Your Friends」だ。DJのサクセスストーリーを描いている作品で、主役のDJが世界の頂点を目指すのだ。ラスベガスやロサンゼルスでのロケが多く、EDMが人気のエリアが登場するのも見どころである。主人公を演じるのはハイスクールミュージカルでもおなじみのザック・エフロンで、この役のために鍛えた筋肉も注目ポイントである。撮影時にDJの指導をしたのがEDMのDJであるアレッソという豪華さだ。アレッソにとってザック・エフロンが初の教え子というから驚きである。


主役のコールはいつか地元を抜け出して広い世界に飛び込み、大金を稼ぐことを夢見る。クラブで遊ぶ毎日を仲間と楽しみながらも、みんな自分の将来について悩んでいたのだ。ある日コールはカリスマDJのジェームズと出会い、ジェームズは若い頃の自分とコールを重ね合わせてDJの指導を始めたのである。いつしか真剣にDJの道へと進むコールと仲間たちに亀裂が出来てしまうのだ。さらにコールは一大フェスの出演チャンスが訪れるが、ジェームズの恋人に想いを寄せ始めたことで関係性は複雑になるのである。夢や仲間、恋に悩みながらも一生懸命に奮闘する姿が印象的だ。


ドキュメンタリー映画「AVICII:TRUE STORIES」



「AVICII:TRUE STORIES」はDJのアヴィーチーの半生をテーマにしたドキュメンタリーだ。世界的DJのアヴィーチーはスウェーデン生まれで、様々なヒット曲を生み出しているのである。現在のEDMを牽引するスターが誕生した軌跡をテーマにし、アヴィーチーを徹底的に追っているのだ。世界のフェスティバルやイベントでパフォーマンスするまでの経緯も公開しているのである。ステージとバッグステージはもちろんのこと、日常生活にも踏み込んでいるのが特徴だ。彼が抱えている悩みや困難も隠さずに写しているので、アヴィーチーのありのままの姿が見れるのだ。ゲストにアヴィーチーと交流のある有名DJも登場し、彼らのインタビューを通してさらにアヴィーチーの素顔に迫る構成だ。


Photo: https://www.facebook.com/Avicii-True-Stories-491609444546640/


Written by 編集部

SHARE