パソコン不要でDJできる!? 世界最大の楽器見本市「NAMM」で登場した、PC機能を内蔵したDJミキサー

DJ QBertが披露したDJミキサー「インベーダー」が凄すぎる! コンピューター内蔵型でSeratoやTraktorといったDJソフトウェアを使用することができる。
SHARE
2019.01.29 08:00

未来のDJミキサーはコンピューター内蔵型!


先日テクニクスより新型ターンテーブル「SL-1200 MK7」が発表され注目を集めたが、今度はDJプレイにとってさらに肝となるDJミキサーに革命が起こりそうだ! 





「インベーダー(Invader)」の名前で紹介されたDJミキサーは、アメリカの半導体メーカー「インテル(Intel)」と、スクラッチDJとして世界的に有名なDJ QBert(キューバート)、そして彼率いるスクラッチ・クルーThud Rumbleの共同開発によって、2016年にすでに発表されていた同型のDJミキサーの進化版。


従来のDJミキサーと違い、パソコンに表示されるDJソフトの画面がそのままDJミキサーのモニターに表示される仕様。多くのDJが使用しているラップトップを必要としなくなるのだ! QBertは自身のInstagramで「ラップトップを使ってDJするなんて、すぐ時代遅れになるぜ」と自信満々にコメントしている。



プロトタイプとして発表されたインベーダー


では、この近未来型DJミキサーの詳細を見ていこう。DJミキサーの基本的な機能であるフェーダーやEQを操作するタブに加え、左右に8個ずつのパッドを搭載。そしてミキサーの大部分を占めるのがDJソフトウェアのモニターである。内蔵されているコンピューター「Intel i5 NUC」上でSeratoやTraktorといったDJソフトウェアを使用することができ、モニターはタッチスクリーンタブレットとなっている。さらに内蔵されたコンピューターからはインターネット上から曲をダウンロードしたり、メールをチェックしたりとパソコンと同じことができるのだとか。





しかし、フェーダーの位置は変わらないものの、タブがミキサーの上部に備えられていることから「QBertのようなスクラッチDJ向けだ」との意見も多く、一般的なDJプレイには不向きだとも言われている。QBertが開発に携わったこともあり、スクラッチを行う上でのフェーダーの“キレ”は問題ないだろう。どちらかと言えば彼のようにレコードを楽器として操るDJにとって重宝するDJミキサーとなりそうだ。




気になる販売時期は今年の秋頃を予定しているそう。価格は日本円にして約23万円となっている。しかしThud Rumbleのコメントによると、予約リストに登録すればインベーダー・DJミキサーを無料で手に入れることができるとか? 気になる人はウェブサイトから登録してみるといいかもしれない。


www.thudrumble.com


レコードからCD、パソコン、近年ではUSBフラッシュメモリーでのDJプレイも可能になり進化が止まらないDJ機材。数年後にDJブース内がどういった景色になっているのか想像もつかないが、最新のニュースをチェックして乗り遅れないようにしよう!




written by BsideNews


source:

https://djtechtools.com/2019/01/25/qberts-no-laptop-needed-invader-dj-mixer-reappears-at-namm-2019/


photo: twitter



SHARE