ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    クラブでよく流れる4つの代表的なジャンルを紹介!さらに要チェックの新たなジャンル、Afrobeatsも紹介

    2018/04/20 (Fri) 03:23

    クラブでよく聞く主要なジャンルを一気に網羅!

    この記事をシェア

    最高に盛り上がれる最新ダンスミュージックEDM! 

    そこまでダンスミュージックに詳しくない人でも、EDMというワードを聞いた事があるはず。EDMは、Electronic Dance Musicを略した音楽ジャンル名。曲によってテンポは違うが、BPMでいうとだいたい120から130と、ダンスミュージックの中でも比較的早いテンポの曲が多い。 EDMの曲調はとても幅が広く、ハードな物からメロディーラインが綺麗な物まで様々。

    このジャンルの特徴的な部分は、何と言ってもドロップと言われるサビにある。一番盛り上がる部分で、EDMの人気の鍵を握るパートだ。2010年代はEDMがダンスミュージックシーンを支えており、ダンスミュージックの中心はEDMだと言われている程。クラブでは、ピークタイムに掛かる事が多い。

    ヨーロッパを中心に人気のあるHOUSE

    今でも人気が高く、良くDJが選曲するジャンルがHOUSEだ。HOUSEは、ヨーロッパを中心に流行しているジャンルで、良く四つ打ちと言われている。 HOUSEの中でも、さらに細かくジャンルが分類されている。Progressive HouseやTech House、Deep Houseなどに分けられる。ヴォーカルが入っている曲もあれば、入っていない曲があるというのもHouseの特徴。 最近は、Houseの中でも、Future Houseと言われているジャンルが世界的に流行っている。

    ブラック・ミュージックとも言われるHIP HOP

    ヒップホップは、クラブでも人気のジャンルの一つ。ブラックミュージックと呼ばれ、どちらかというとゆっくりなテンポの曲が多い。 ヒップホップは、アメリカの黒人文化と深い関わりのあるジャンルだ。ダンスミュージックの中でも歴史が深いジャンルで、奥が深いというのも魅力的。ヒップホップというと、ラップというイメージが強いはず。ラップには強いメッセージ性がコメられており、曲だけでなく詩にも注目して聴いてみると面白いだろう。 

    フロアが2つあるクラブでは、1つはヒップホップのフロアになっている事が多く、それほど、クラブでは定番のジャンルになっている。

    しっとりと踊れるR&B

    ダンスミュージックの中でも、比較的ゆっくりとしたテンポで、しっとりと踊れるのがR&Bだ。ヒップホップと似たリズムの物も多いけど、R&Bの方がメロディーラインが綺麗な物が多い。聴きやすい曲が多く、クラブミュージックに慣れていないという人にもおすすめ。J-POPのバラードでも良く使われているジャンルため、馴染み深い人も多いはず。

     

    新たな広がりを見せるAfrobeats

    アフリカではナイジェリアを中心とした主流ジャンルがAfrobeats(アフロ・ビーツ)。ルーツには、もちろんアフロビートやガーナのハイライフ、ナイジェリアのジュジュなど、アフリカの過去のポップ・ミュージックがあるが、特に大きいのがダンスホール・レゲエ、そしてアメリカのヒップホップとR&Bからの影響で、それらがナイジェリアやガーナのリズムやメロディー、ヨルバ語のリリックなどと組み合わせられたのがアフロビーツである。

    そして19世紀以降、1960年に独立を果たすまでイギリスの植民地だったナイジェリアは、同国との関わり合いがとても深い。当然英国にはナイジェリア系移民も多く、それはガーナについても同様である。そういった背景から両国のアーティストやDJの交流は盛んで、アフロビーツはUKで新しいダンス・ミュージックとして受け入れられて広がっていった。

    英国でアフロビーツが一般化したきっかけのひとつは、ガーナ系イギリス人のフューズ・ODG(Fuse ODG)が2013年に発表した“Azonto”で、アゾント・ダンスのブームを生んだこの曲によってアフロビーツは拡大していく。

    UKではその後、2010年代中盤にロード・ラップやグライムといったUK独自のヒップホップとアフロビーツが融合。J・ハス(J Hus)らによるその発展型は、アフロスウィング(Afroswing)ないしアフロバッシュメント(Afrobashment)と呼ばれるようになった。

    今では映画のサントラにも欠かせないAfrobeats。アーティストは全米1位のアルバムからもオファーを受けてるように、徐々に世界中で欠かせない音楽のひとつとなっている。

    source

    https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/26889?page=2

    Photo: https://www.pexels.com/

    Written by: 編集部

    関連タグを見る:

    この記事をシェア