音楽ディストリビューションサービス「DistroKid」がドルビーアトモス音源配信に対応!

ユーザーは今後、Apple MusicとTIDALに今、話題のフォーマットの音源を配信できるようになる。
SHARE
2021.07.02 13:00

音楽ディストリビューションサービスの「DistroKid」にて、先月よりApple Musicでの配信がスタートしたドルビーアトモスによる空間オーディオフォーマットの音源の配信が可能になった。



Apple MusicとTIDALにドルビーアトモス音源の配信が可能に


これまでにドルビーアトモス音源の配信は「Avidplay」などで可能だったが、主要音楽ディストリビューションサービスがドルビーアトモス音源に対応するのは今回が初とのこと。

これによりDistroKidユーザーは今後、ドルビーアトモス音源をApple MusicとTIDALに配信できるようになる。 アップロードフォームでドルビーアトモス配信を選択したユーザーのドルビーアトモス音源は、アップロード後に対応するストリーミングサービスで配信が開始されるが、対応しないプラットフォームではこれまでと同じ通常のステレオ音源として配信される。




ドルビーアトモス音源制作専用のプラグインもチェック!


Appleは今年後半にリリース予定の音楽制作ソフト「Logic Pro」の最新版にドルビーアトモス音源制作ツールを導入することをすでに発表しているが、現時点でも「Dolby Atmos Music Panner」や「Dolby Atmos Production Suite」といった専用のプラグインやそのバンドルパックを利用することでProtools、Abeleton Liveなどの音楽制作ソフトでもドルビーアトモス音源を制作することができる。


なお、Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオは、AirPods ProやAirPods Maxといった対応イヤフォンやヘッドフォンで楽しめる。現在、Apple Musicでは空間オーディオ音源をまとめたプレイリストも公開中だ。



音楽クリエイターはそちらで空間オーディオを体験しつつ、ドルビーアトモス音源制作と配信を検討してみてはいかがだろうか?

written by Jun Fukunaga

source: https://news.distrokid.com/atmos-8f827a629ec9

photo: DistroKid



SHARE