サマソニ出演Disclosure、100曲以上のストックあり。最新アルバムリリースについて語る

ここ2年間の制作状況が明らかに。ファン待望の3枚目のアルバムはもうすぐリリース?
SHARE
2019.08.14 08:00

今週開催されるサマソニ2019では、大阪・8月17日、東京・8月18日の日程でDJセットを披露するDisclosure。デビュー以降、順調にキャリアアップしてきた2人は2017年に一旦活動を休止。しかし、2018年にはいくつかのシングルリリース曲を重ね、ギグ出演以外にも制作面で精力的に活動を行なっていた印象を受ける。




また今年は若きアメリカのR&BスターであるKhalidの新曲「Talk」をプロデュース。昨年に引き続き、DJセットでの出演が多いものの、ギグ出演も数多くこなしている。



そんなDisclosureだけに2015年の「Caracal」以来の最新アルバムを心待ちにしているファンも多く、最近、放送されたオーストラリアのラジオ局、Triple Jの番組では、彼らの3枚目のアルバムリリースにまで話がおよんでいる。


番組でメンバーのHoward Lawrenceは、「活動再開以来の2年間は状況としては良好で、”ほぼ幸せ”を感じるくらいのレベルには達している。しかしながら、まだ”ほぼ”という状態でしかない」と語っている。


またこの1~2年間の間にDisclosureは100曲以上のトラック制作。それがストックとなっているものの、どの曲をリリースするかなどはまだ決めていないということも明かしている。そのためどうやら最新アルバムリリースはまだ少し先になりそうだ。



なお、Disclosureは、今年に入ってからDJセットで出演したいくつかのギグでは、「White Noise」、「Holding On」、「Latch」など自身がリリースした人気曲を複数プレイするセットを披露。サマソニでもそういった構成のセットが披露されることに期待したい。



サマソニ前にDisclosureの予習をしたい人はblock.fmの特集記事をあわせてチェックしておこう。


関連記事:サマソニで今年みるべき! The Chainsmokers、Zedd、DisclosureのDJセットをチェックしよう



written by Jun Fukunaga


source:

https://www.youredm.com/2019/08/12/disclosure-over-100-songs/


photo: Disclosure Facebook





SHARE