音楽は誰のものなのか? DOMMUNEが「DJ Plays "電気グルーヴ" ONLY!!」を緊急放送!

出演するKEN ISHII、DJ WADAらが5時間に渡り電気グルーヴ音源のみのDJプレイを披露するとのこと。
SHARE
2019.03.26 09:00

DOMMUNEにて電気グルーヴの音源のみを使用してプレイする緊急放送「DJ Plays "電気グルーヴ" ONLY!!」が3月26(火)19時より5時間に渡り放送される。



「音楽は誰のものなのか?」DOMMUNEが電気グルーヴ音源のみの特別放送を配信  


DOMMUNEは同放送について、


ピエール瀧氏の逮捕を受け地上波のワイドショーでは、電気グルーヴ、ひいてはテクノミュージック/クラブカルチャー全般を、"違法薬物が蔓延している悪の巣窟"であるかのような報道が連日なされていることに対し、世界のエレクトロニック・ミュージックを歴史的/学術的な観点から切り取り、SNS黎明期より数百時間にも及ぶ番組を積極的に配信してきた同サイトが、サブカルチャーの豊かな源泉であるクラブシーンをゴシップとして消費しようとするこのような報道に関して、大変遺憾なことと受け止めている


と同サイト内で説明。  


また昨今、議論されている「音楽に罪はない」ということに対しても


孔子を始祖とする思考体系である中国儒教の根本規範に"礼楽"、つまり"礼節"と"音楽"が特別なものとして存在しているように、これまで音楽は社会の秩序を保ち、人心を感化する作用のあるものとして尊重されて来ました。単なる快楽にとどまるものではなく、相互理解や共感、そして言語を超えたコミュニケーションの悦びを与えてくれる音楽に、罪がある筈がありません。当然、人が犯した罪は、社会的制裁を受ける。しかし、作品は作家の手を離れた後は、受け手の解釈にその存在を委ね、自由に一人歩きして人々の心の中で生き続けているのです。石野卓球氏とピエール瀧氏がこれまでに作り上げてきた電気グルーヴの作品群も例外ではなく、世代やジェンダーを超えて、今も無邪気に人々の心的緊張を解きほぐし、フィジカルな躍動を世界の側に平等に与え続けています。その恩恵にあずかっている人々が、世界には何十万と存在します。


と前置きした上で、レコード会社による出荷停止後、ヤフオク、メルカリ等で電気グルーヴ作品の価格が高騰してしまっている現状について、“至極ナンセンスだと捉えられることが出来る”と憂いとともに発言している。




ジレンマを乗り越えるために  


しかしレコード会社による決断についても、


コンプライアンスに細心の注意を強いられる現在、今回のレコード会社側の苦渋の決断とその重さも我々は音楽メディアとして理解しているつもりです」と一定の理解も示しており、「企業としての社会的責任を果たす為の措置であり、故にその期間が延々と続くわけではないことも過去の事例から皆本当は知っている筈です。つまり電気グルーヴの作品は葬られるわけではなく、暫くの間、原盤権を保有するレーベル側から蓋をされているというのが現状かと思います。また、モンスタークレーマーからの苦情や、関連企業や株主、他の所属アーティストへの影響にレーベル側が配慮するのも当然だと思いますので、このことについては、まだまだ議論の余地があると考えられます。つまり音楽への愛だけでは乗り越えられない現実があり、我々はそのことを暗黙のうちに保留にしてしまっているのではないでしょうか?。これは大きなジレンマです。


とも発言。 


それらを踏まえた上で「いったい音楽は誰のものなのでしょうか?」を問うべく、ミュージックラヴァーの意思を受け、電気グルーヴの音楽のみがプレイされるプログラムを全世界に向けて配信。「DOMMUNEがいま世に投げかけるべき精一杯の音楽愛、そしてこれまでエレクトロニック・ミュージックの“礼楽”を我々に与え続けてくれた電気グルーヴの産み出した音楽への敬意の表明」として行われるという。



KEN ISHII、DJ WADAらが5時間に渡り電気グルーヴ音源のみのDJプレイを披露 


出演は、電気グルーヴの石野卓球主宰の「WIRE」にこれまで出演してきたアーティスト達であるDJ WADA、KEN ISHII、SUGIURUMN、Licaxxx。彼らは同放送で19時〜24時までの5時間に渡り、これまでリリースされた電気グルーヴの全音源からセレクト、プレイして、唯一無二の電気グルーヴの世界をサイバースペースに響かせるとのこと。 


最後にDOMMUNEは


これを機会に、ワイドショーが連日お茶の間に向けてヘビロテし続けたマスターピース『Shangri-La』だけではない、電気グルーヴのコアを今宵全身で浴びてください!WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!そう、音楽は我々皆のものである筈です!!!!!!!


とサイトのメッセージを締め括っている。  


この問題について意見を持っている人は、放送を見ながら改めて冷静にDOMMUNEが今回掲げた「音楽は誰のものなのか?」というテーマについて考えてみてはいかがだろうか?

written by Jun Fukunaga


source:

https://twitter.com/DOMMUNE/status/1110376499868164102

http://www.dommune.com/reserve/2019/0326/


photo: DOMMUNE




SHARE