田我流、今の状況を自虐とユーモアたっぷりに歌った新曲「我慢」をドロップ

「良くも悪くも"我慢"という事がキーワードになっているこの国、そして今の自分に、色々と含みありな馬鹿な曲作ってみました。」とその思いを綴っている。
SHARE
2021.09.15 03:00

山梨県一宮町を拠点に活動するラッパーの田我流が、シングル「我慢」をリリースした。



自身のプロデューサー名義Falcon a.k.a. Never Ending Oneloopによるバウンシーなトラックに、今の状況を自虐とユーモアたっぷりに歌ったコンシャスな1曲。


インスタグラムでは「良くも悪くも"我慢"という事がキーワードになっているこの国、そして今の自分に、色々と含みありな馬鹿な曲作ってみました。」とその思いを綴っているので、楽曲とあわせてぜひチェックを。






【リリース情報】




Artist: 田我流

Title: 我慢

Label: Mary Joy Recordings

配信リンク: https://dengaryu.lnk.to/gaman



【プロフィール】




田我流

山梨県笛吹市一宮町出身。趣味は釣り。尊敬する人は松方弘樹。高校1年でHiphopに出会い、リリックを書き始める。2004年に地元の幼馴染とラップグループ=stillichimiyaを結成し、2008年にファースト・ソロ「作品集~JUST~」を発表、2012年4月に発表したセカンド・アルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。2015~16年はバンド・プロジェクト「田我流とカイザーソゼ」として数々のライブをこなす。その頃から更なる音楽性の向上の為、Falcon a.k.a. Never Ending One LoopとしてBeat Makeも始める。

野蛮さと繊細さを兼ね備え、アッパーな楽曲からコンシャス、叙情的な楽曲まで幅広く乗りこなす作詞力と音楽性、ガツガツと畳み掛けるエモーショナルなライブパフォーマンスには定評がある。2019年4月に自身の原点回帰を計るべく新しいプロデューサー陣と制作した待望のサード・アルバム「Ride On Time」、KMとのEP「More Wave」を発表。2020年は、Local Wave Tourを敢行し、10月にはB.I.G.JOEとのコラボシングル"マイペース"を配信開始。





SHARE