Dance Systemが新曲「All I Wanna Do」リリース!大ネタダンスクラシックが元ネタのクラブバンガー

80年代にリリースされたOliver Cheatham「Get Down Saturday Night」がサンプリングされている。
SHARE
2021.07.16 03:00

L-VIS 1990名義での活動でも知られたUKのプロデューサー、Dance Systemが新曲「All I Wanna Do」リリースした。



"キャリア全体の中で最もリリースのリクエストの多かった曲"


 All I Wanna Do」では、Oliver Cheathamが1980年代にリリースした代表曲「Get Down Saturday Night」がサンプリングされている。同曲は、コロナ禍以前の2019年に制作されるもサンプリングクリアランスの問題のため、長らくリリースされなかった。 しかし、一部のDJたちの間ではプロモ盤として流通しており、Dance System曰く、"キャリア全体の中で最もリリースのリクエストの多かった曲"とのこと。

また、元々はOliver Cheathamのサンプルはなく、BPM140のテクノ曲で、「All I Wanna Do」の原型に「Get Down Saturday Night」のサンプルを加えた時のフィット感は最高だったとのこと。




数々のダンスミュージックでサンプリングされてきた「Get Down Saturday Night」


ちなみに「Get Down Saturday Night」は、これまでにDaft Punkらに代表曲されるフィルターハウスの名曲のひとつRoom 5「Make Luv」やMichael Gray「The Weekend」などのクラブヒットでサンプリングされたことでよく知られた曲だ。


Dance Systemは、近年、Daft Punkに影響を受けたフィルターハウス曲をリリースしており、現在のこの手のスタイルを代表するプロデューサーの1人として、Daft Punk解散時にはトリビュート DJミックスを披露している。

関連記事:Dance SystemがDaft PunkをテーマにしたDJミックスを披露!

written by Jun Fukunaga

source: https://djmag.com/news/dance-system-shares-long-sought-after-single-all-i-wanna-do

photo: System Records YouTube


SHARE