Daft Punk、10周年を迎えた『トロン: レガシー』サントラのコンプリートエディションをリリース! レア曲9曲も追加

人気SF映画サントラ完全版にはアナログ盤やダウンロード販売のみだったレア曲が追加され、現在は各種ストリーミングで配信中だ!
SHARE
2020.12.24 09:00

Daft Punkが今月で公開より10周年を迎えたSF映画『トロン: レガシー』を祝し、自身が手掛けた同作のサントラ盤のコンプリートエディション『TRON: Legacy - The Complete Edition (Original Motion Picture Soundtrack) 』を公開した。



レアな9曲が追加された『トロン: レガシー』サントラ盤が各種サブスクで配信開始!  


同作にはこれまでアナログ盤やiTunes、Amazonでのダウンロード販売でのみ聴くことができたレアな9曲がボーナストラックとして追加されており、現在は、各種ストリーミングサービスで配信されている。




今年は『トロン 3』制作の可能性も浮上 


映画『トロン』は、今年7月に新作となる『トロン 3』制作の可能性が報じられ、8月には主演にジャレッド・レト、監督に映画『LION ライオン 25年目のただいま』のガース・デイヴィスが起用されることが明らかになった。しかしながら、その段階ではまだ正式にスタジオが映画の制作にゴーサインを出しておらず、実際に映画公開されるかどうかはまだわからないと報じられていた。 


また、『トロン 3』制作の可能性が浮上した時点で、ディズニーの音楽&サウンドトラック部門の長を務めるMitchell Leibが、『トロン 3』のサントラ制作についての話をするためにDaft PunkのマネージャーのPaul Hahnに会ったとも報じられていた。しかし、『トロン 3』のサントラに関する追加情報はそれ以降、明らかになっておらず、現在もDaft Punkが同作のサントラを手がけるかどうかはわからないままだ。


関連記事: 

ディズニーが『トロン』続編の制作を企画、Daft Punkが再び音楽を手がける可能性が浮上 

Daft Punkが音楽を手がけると噂の映画『トロン 3』、主演はジャレッド・レト 


はたして来年はこの件も進展を見せるのだろうか? ファンは今回の『トロン: レガシー』サントラのコンプリートエディションを聴いて、続報への期待を高めておこう! 


なお、『トロン: レガシー』にはDaft Punkがカメオ出演しており、作中での様子は下の動画で確認できる。


written by Jun Fukunaga 


source: https://www.brooklynvegan.com/daft-punk-share-complete-tron-legacy-score-for-10th-anniversary-stream-9-bonus-tracks/


photo:Me Pixels



SHARE