来日間近!Craig David(クレイグ・デイヴィッド)の絶対チェックしておきたい7曲

TJOが、クレイグ・デイヴィッド名曲の数々から必聴の7曲をセレクト。8年ぶりの来日はもうすぐだ。
SHARE
2019.01.30 09:00

2000年にアルバム『Born To Do It』を全世界で大ヒットさせ、若干19歳にして一躍時代の寵児となったCraig David(クレイグ・デイヴィッド)。6年に及ぶ充電期間を経て、2016年にアルバム『Following My Intuition』で見事なカムバックを果たした彼は、今や2step/UK Garage黎明期にリアルタイムで育った世代からEDM以降のシーンの若者までを魅了し続けている。


そんな、世界中で長く愛され続けているクレイグの来日が決定した。日時は2月18日(月)、場所は渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催されるこの公演はなんと8年ぶりの来日というから驚きだ。


さらに面白いのが、今回の公演は彼が充電期間に始めた主催DJパーティー「TS5」を冠としたものとなっている。「なんだ〜DJセットか〜」と思っているそこのあなた、ご安心を。「TS5」はマイアミからイビザまで広まり、「イビザの歴史上、最も成功したプール・パーティー」と評されるまでの話題を集めている。つまりDJセットとはいえ、ただDJブースに入って音楽をかけるわけではなくCraig Davidの持つショーマンシップをフルに発揮した歌も踊りも、ラップまであるショーなのだ。我々オーディエンスを最高潮に盛り上げてくれることだろう。


Craig Davidの来日公演を記念してリリースされたばかりの『Craig David Japan Collection』から、これは絶対にチェックしておきたい7曲を紹介する。ライブまでのテンションを高めていこう。


Ain't Giving Up (produced by Sigala)


まずは前述の「TS5」が舞台になっているMVを紹介し、どんな最高の公演が待っているかおわかりいただこう。こちらは2016年の復帰アルバム『Following My Intuition』の先行シングルとして、今やUKハウス・シーンに欠かせないプロデューサーとなったSigalaが手掛けた1曲。他にもこのジャパン・コレクションには、昨年のULTRA JAPANにも出演し、日本でも絶大な人気を誇るJonas Blueの手掛けた『Heartline』も収録されているからぜひチェックして欲しい。



One More Time


こちらも2016年のアルバム『Following My Intuition』からの曲で、昔からのファンも嬉しいUK Garageチューン。このMVでも「TS5」の雰囲気を再現しているので見ているだけで来日公演への期待が高まる。



Rewind 


ここで彼の初期の名曲3曲を続けて紹介したい。まずは彼のデビュー以前にArtful Dodgerとの共作で生み出された2step/UK Garage史に刻まれるこの曲。1999年にリリースされ、シーンの拡大に大いに貢献した。こちらも「TS5」のライブ映像となっており、自らの過去曲も惜しげも無く披露するサービス精神旺盛なクレイグのエンターテイナーな一面がうかがえる。



Fill Me In


そして2000年に発表された記念すべきデビュー曲。この作品は全英1位のみならず、全米でも15位を記録。2step/UK Garageは新しいR&Bサウンド、ダンスミュージックとして世界に広がっていった。



7 Days


こちらも前曲と同じデビュー・アルバムからのセカンド・シングルで、彼にとっての2曲目の全英No.1ソングとなった。また翌年にはアメリカでも全米トップ10入りを果たすという快挙を果たし、グラミー賞候補にも選ばれた。彼を語るには欠かせない1曲だ。



Fill Me In (Where Are Ü Now) Bootleg


  2016年の『Following My Intuition』に収録。元々はBBC Radioの番組に出演した際に、Diplo x SkrillexのユニットJack ÜとJustin Bieberの大ヒット曲『Where Are Ü Now』のトラックを使いフリースタイルを披露した動画がSNSで一気に話題になり、DiploやJustin Bieberも反応。急遽アルバムにこのタイトルで収録が決まったという逸話も。筆者もこの動画を見た時は、BBCのスタジオ内の狂喜乱舞な盛り上がりと同じようにPC越しに声を出してしまったほど。クレイグのカムバック劇の象徴的な1シーンとなった。



Live in the Moment feat. GoldLink (produced by KAYTRANADA)



最後に紹介するのは2018年に発表された最新アルバム『Time Is Now』に収録された1曲。今やHIPHOPプロデューサーとして大活躍するカナダのKAYTRANADAをプロデューサーに迎え、これまた注目の次世代ラッパーで2度のグラミー賞候補も経験済み、ここ日本でも大人気のGoldLinkとのコラボ作品だ。デビュー以来、形を変えながらも変わらぬソウルフルを表現してくれるクレイグの魅力が詰まっている。またKAYTRANADAのアルバムにもクレイグが客演した『Got It Good』も素晴らしいのでぜひ聴いて欲しい。


以上7曲紹介したが、これらをチェックしただけでも来日公演がどんなものになるか今からワクワクが止まらない。今回のアルバムは他にも彼の代表曲や最新の楽曲、さらにリミックスも収録した全23曲という大ボリュームとなっているので、ぜひ今回のアルバムを聴いて、当日はみんなで「TS5」の最高なパーティーを体験しよう。




【新作リリース情報】

8年ぶり来日記念 日本独自企画アルバム

『クレイグ・デイヴィッド ジャパン・コレクション』

2019年1月30日(水)発売

https://lnk.to/JPCollectionbf




【来日情報】

Craig David(クレイグ・デイヴィッド)プレゼンツ TS5

2019年 2月18 日(月) 渋谷 TSUTAYA O-EAST 

OPEN 18:30 / START: 19:30

オールスタンディング 6,500円(税込・別途 1Drink 代) ※未就学児入場不可

企画・制作・招聘: Live Nation Japan

協力: Sony Music Japan International お問い合わせ: info@livenation.co.jp

公演ページ: http://bit.ly/CDpTS5jp


Written by TJO.



SHARE