どれだけ知ってる!? ダンスミュージックの歴史を網羅する相関図

"ダンスミュージックの聖地"ロンドン、マンチェスター、イビザなどの周辺情報がマッピングされている。
SHARE
2019.05.24 02:00

以前、話題になったレイヴカルチャーと有名DJの関係を網羅した相関図を制作したイギリス・リヴァプールのアートスタジオ、Dorthyが新たにダンスミュージックファン必見の相関図「CLUBTOGHETER」を発表した。

関連記事:こんなのが欲しかった!! レイヴカルチャーと有名DJの関係を網羅した回路図風相関図




クラブ、パーティ、周辺DJなどダンスミュージックの歴史をマッピング


CLUBTOGHETERは、特設サイトにて公開されているオンライン相関図。そこにマッピングされているのは、主に80年代から10年代にかけてのイギリスを中心としたダンスミュージックカルチャーの相関関係だ。


この相関図は、点”として存在するクラブやパーティなどの情報にユーザーがコメントや写真、フライヤー画像を投稿することが可能。そうすることで相関図がインタラクティヴにアップデートされていく仕組みになっていることはおもしろい。また、このアイデアは、世界中のクラバーたちから寄せられた先述のレイヴカルチャー相関図に対するフィードバックがきっかけ。そこには彼らのクラブやパーティに関する思い出が数多く添えられていたという。





クラブ情報をフル活用して相関図をディグってみよう


そんな相関図を見ていると、セカンド・サマー・オブ・ラブ、マッドチェスタームーブメントの聖地として知られた伝説のクラブThe Haçiendaや世界のトップクラブのひとつとして知られるFabric、ロングラン・パーティーのBugged Out!、マンチェスターの名イベントシリーズ、The Warehouse Projectなど日本でもクラバーの間でよく知られたUKクラブシーンの名跡が目に入ってくる。


例えば、こういった有名どころを起点にシーンを深掘りしていくと、よりコアなクラブ、パーティ、周辺DJたちの相関関係に行き着くはず。そういったディグを自分が持つクラブ知識と照らし合わせながら行うことで、これまで知りえなかったダンスミュージックの歴史にも触れることができるはずだ。また相関図にはUKだけでなく周辺のイビザ、ベルリン、パリ、ニューヨークといった世界各地の”聖地”の名前も記載されている。このあたりのシーンとUKシーンのつながりが気になっている人は、是非そこを深掘りしてみてはいかだろうか?




ダンスミュージックの歴史における様々な相関関係を網羅するCLUBTOGHETERは、こちらのリンクからアクセスできるぞ! 


written by Jun Fukunaga


source:

https://clubtogether.me/


photo: CLUBTOGHETER, Dorothy Facebook




SHARE