夜のソウルを楽しむ! 韓国のクラブで遊ぼう

韓国のクラブを徹底解説
SHARE
2018.07.09 00:44

韓国のクラブを徹底解説


韓国には有名なクラブがたくさんあるのが特徴だ。ソウル市内のエリアによって客層が違ったりクラブの雰囲気も違うから楽しみも様々だ。韓国のクラブが盛り上がるのは週末の金曜日から日曜日である。平日はクラブがオープンしていなかったりバーとして営業しているケースもあるのだ。


エリア別のクラブの特徴


ソウルにクラブがある地域は弘大エリアと江南エリア、梨泰院エリアだ。弘大はソウル屈指のクラブ街で、週末には人気のクラブに行列が出来ることもあるのだ。話題になっている居酒屋や夜遅くまで営業しているお店もあって、クラブに立ち寄った帰りに夜遊びも出来ちゃうのが魅力である。年齢層は20代の若者が多くて、流行りのダンスや若者たちの盛り上がりが体験出来るエリアだ。観光客の外国人も居て、料金も安めに設定されているから賑やかな雰囲気である。


韓国の美男美女が集まるのが江南エリアだ。新沙洞やノンヒョンドンがあるカンナムはホテルにクラブが併設していて、設備も充実していて店内も広く、業界人やモデル達も行く場所である。年齢層は20代後半から30代で、お酒をじっくり味わいながらクラブの大人の雰囲気や人間観察を楽しめるのだ。


韓国の中でも外国人の街として知られる梨泰院エリアは、クラブに留学生や観光客、在韓米軍兵など外国人がいるのだ。この地域で営業しているクラブは価格や雰囲気はまちまちである。近くには本格的な外国の料理が食べれるレストランやバーがあるのも魅力だ。




韓国クラブでのファッションは?


韓国のクラブのファッションは セクシーな服装が一般的で、日本で流行ったボディコンのようなファッションや露出が多い服、ボディラインを強調した服を着ている人で溢れているのだ。ただ現地の人のようにセクシーな服装にすると冬はとても寒いので、薄い服をチョイスしたときには上着を重ね着したり、何か羽織るものを用意しておくと安心だ。クラブの中は暖かいから、遊んでいるときはノースリーブや丈の短いスカートでもOKである。


韓国の女子のクラブファッションの定番はタンクトップとスキニーパンツだ。KPOPアイドルを彷彿とさせる服装で、男女ともに人気があるのだ。白いトップスとスキニージーンズにすればさわやかさとセクシーさが両立されるのである。お腹を少し出してくびれをアピールするのが韓国人風である。


男子はカジュアルなファッションなら入れるけど、かしこまったスーツ姿の人は断られるケースもあるのだ。逆にカジュアル過ぎても入店拒否されるからサンダルや半パンは避けるのが無難だ。




遊び方


韓国のクラブの入場前には身分証明書の確認が行われるのだ。入り口に待機しているスタッフに外国人登録書やパスポートのコピーを見せて年齢確認などをして貰うのである。パスポートの原本を出さなければならないクラブもあるから、その場合はパスポートの管理に注意する必要もあるのだ。確認が終わったら入場料を支払って、腕にバンドを付けるか手の甲にスタンプを押して入場となる流れだ。一度出てしまってもまた入り口でバンドかスタンプを見せれば再入場も可能である。最初の一杯が無料になるフリードリンクのチケットを渡されるところもあるから、なくさないようにすることが大切だ。


入場が終わるとロッカーに荷物を預けるかクロークに荷物を預けるのだ。ロッカーは鍵タイプと電子タイプが2種類あって、電子タイプは操作画面が韓国語なので分からない場合はスタッフに聞くのがポイントである。クロークは渡された袋に荷物を入れて担当者に預けるだけだ。何度も取り出しが出来ないから、必要なものは出しておいて身に付けるのだ。携帯ケースに現金とかカード、フリードリンクチケットを入れておけばスムーズである。フリードリンクチケットを渡されたらバーカウンターのスタッフに見せて飲み物を受け取るのだ。メニューの中から好きなドリンクを選んで注文するけれど、決められているメニュー以外なら別料金を払うことがあるから確認しておくと良いのだ。ドリンクを受け取ったらあとはフロアに入って音楽を楽しみながら踊るだけである。


photo: https://www.facebook.com/pg/cluboctagon/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE