ヒップホップ通なら知っておきたい多彩なラッパー、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)

ラップ、俳優、脚本までこなすChildish Gambinoに要注目!
SHARE
2018.05.22 13:49


Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)とは? 


Childish Gambino(本名ドナルド・グローヴァー)とはアメリカ合衆国ジョージア州出身のラッパーであり俳優、脚本家である。

ラッパーとして数々の賞を受賞しているだけでなく、役者としても高い評価を得ている。そんなChildish Gambinoはどんな人物なのか。今回は、彼の才能を存分に紹介する。



ラッパーとして




Childish Gambinoはニューヨーク大学を卒業後、ドナルド・グローヴァー名義でコメディアンや俳優、脚本家として活躍。2011年にステージネームのChildish Gambinoでラッパーとしてファーストアルバム「Camp」を発表し、もっとも熱い新人としてデビューを飾った。元々知名度はあったが、それでも「Camp」は多くの支持を得て、有名なレビューサイト「AnyDecentMusic?」では100点中69点という高評価を獲得したのだ。


Childish Gambinoの大きな特徴は、様々なジャンルの音楽を違和感なく取り入れたうえで天才的と称されている歌詞を乗っけることである。「Camp」は2011年に数々のアーティストが世に送り出したアルバムの中でもトップクラスとも言われており、2013年に発表したセカンドアルバム「Because the Internet」は前作越え、2016年に発表したサードアルバム「Awaken, My Love!」も前作越えと勢いが全く衰えないラッパーだ。


サードアルバム「Awaken, My Love!」は第60回グラミー賞で主要2部門「年間最優秀アルバム賞」と「年間最優秀レコード賞」にノミネート。更に「R&Bパフォーマンス部門」など全5部門にノミネートされるという偉業を成し遂げ、デビューからたったの5年で一流のラッパーまで昇りつめた天才だ。さらに収録曲であり自身最大のヒット曲でもあるシングル「Redbone」は「年間最優秀レコード賞」、「最優秀R&Bソング賞」、「最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞」にノミネートされた。YouTubeでは2億回再生を突破しており、R&Bファンだけでなく様々なジャンルのファンからも受け入れられていることが分かる。


しかし、グラミー賞の最中にChildish Gambinoの名前を葬り去り、「Awaken, My Love!」の次にリリースされるアルバムが最後の作品になると発表した。ただ、ラッパーとしての活動は継続するためドナルド・グローヴァー名義で活動するのか、それとも新しいステージ名で活動するのか発表を楽しみに待とう。




ドナルド・グローヴァーとして


Childish Gambinoはラッパー以外での活動を本名のドナルド・グローヴァーとして活動している。日本ではさほど有名ではないが、アメリカ人にとってChildish Gambinoよりも有名かもしれない。

大学在学中から脚本家としてTV業界を面白おかしく描いた人気TVシリーズ「30 ROCK サーティー・ロック」の脚本チームに参加している。また、大学の仲間と組んでYouTubeにアップしたコメディ動画は素人ながら100万回再生を突破し才能を開花させる。

俳優として、「マジック・マイク・XXL」や「スパイダーマン:ホームカミング」など12の映画に出演。彼の演技は高く評価されており、映画だけにとどまらずデビューした2005年から14ものテレビシリーズに出演している。



Childish Gambino(ドナルド・グローヴァー)の今後


前述の通り、Childish Gambinoはもうすぐ活動を休止するが音楽を辞めるわけではない。多彩な才能を発揮してるにもかかわらず、彼はまだ過小評価されているという声も多いのが現状だ。彼がこれからどのように開花し、更に一皮むけてどんな活動をするのか、どう活動の幅を広げていくのか最も注目すべき一人だ。



Photo: https://www.facebook.com/donaldglover/


Written by 編集部



SHARE