ChibiChaelが1stアルバムよりDinoJr.とKaito Hirohata参加の「Now Or Never」MV公開

自身のルーツを詰め込んだ完全セルフプロデュースの1stアルバム『2000』の中でも高い人気を誇る楽曲。
SHARE
2021.06.18 12:00

ChibiChaelが、2020年12月にリリースした自身のルーツを詰め込んだ完全セルフプロデュースの1stアルバム『2000』の中でも高い人気を誇る楽曲「Now Or Never」のMVを公開した。




彼の様々なルーツを詰め込んだ今作には、ブラックミュージックの要素を現代的な色彩感覚で荒削りにコラージュした音楽性を提示するDinoJr.がギタリストとして参加し、客演にはダンサー、コレオグラファーとしての顔も持ち合わせるアーティストKaito Hirohataがその確かなグルーヴを生かし楽曲を更に加速させている。


ミュージックビデオはVANS,G-SHOCK,タワーレコードなど様々な有名企業のCMなどを手掛ける映像制作のクリエイティブチームLiLt inc.の設立者でもあるRyosuke Nozawaが監督を務めた。


現在ChibiChaelは今回共演したKaito HirohataとR&BをベースにしたコラボレーションEPを制作中。





【リリース情報】




2000 - ChibiChael

配信URL:https://linkco.re/N5C2qAne


【プロフィール】




ChibiChael (チビケル)

2000年、東京都世田谷区生まれ。 

幼少期にマイケルジャクソンに感化され音楽、ダンスにのめり込んでいく。世界的ダンサーでありアーティストのケント・モリ氏との出会いにより、マイケルジャクソンオフィシャルイベント等、多数出演。

ダンサーならではのグルーヴや音楽センスを武器にプロデューサー、ラッパー、DJとして活動している。

また2020年12月には自身のルーツを詰め込んだ完全セルフプロデュースの名刺的な1stアルバム「2000」をリリースし、大きな話題を呼んだ。

Instagram https://www.instagram.com/chibichael/?hl=ja

 

Kaito Hirohata (カイトヒロハタ)

1995年千葉県生まれ。

幼少の頃よりUsherやOmarion、Ne-Yo、B2KやChris Brownといったアーティストに多大なる影響を受けダンス、そして音楽の世界へとのめり込んで行く。

22歳で単身渡米し、本場のエンタテイメントに触れダンサーとして数々のステージに立ち、コレオグラファーとしての顔も持ち合わせる。その確かなグルーヴとセンスを生かし、アーティストとしての道を歩み始めた彼から今後も目が離せない。

またクリエイター集団GOODMORNINGにも所属し、2020年3月リリースの1stミックステープ『Morning Glory』はデビュー作ながらiTunesヒップホップ/ラップチャート6位にランクインし、注目を集めている。

Instagram https://www.instagram.com/kaitohirohata/?hl=ja


DinoJr. (ディノジュニア) 

ネオソウル、ファンク、ヒップホップなどブラックミュージックの要素を現代的な色彩感覚で荒削りにコラージュした音楽性を提示するDinoJr.。2020年1月に2ndアルバム『2091』をリリースし、収録曲の「RWY ft. 吉田沙良」はラジオ局J-WAVEによるレコメンド「SONAR TRAX」に選出されたほか、全世界のH&Mで数少ない邦人アーティストの楽曲としてストアプレイされるなど注目を集めている。

Instagram https://www.instagram.com/dinojr_tokyo/?hl=ja


Ryosuke Nozawa (リョウスケノザワ) 

10年のフリーランスを経て、2017年にLiLt inc.を設立。

モーショングラフィック制作を得意とし、実写とモーショングラフィックスの合成などの映像演出を好む。 MVやTVCMから企業のプロモーション映像などを手掛ける。

Instagram https://www.instagram.com/noza_lilt/?hl=ja


LiLt (リルト)

LiLtは映像制作全般のクリエイティブチーム。 CM、MV、プロモーションムービーやサイネージ広告など、現代の多岐にわたる 広告形態に対応し、様々な映像を制作している。

HP https://lilt-hybm.com





SHARE