chelmicoのMAMIKO、M-1を前にガチのお笑いオタクぶりを発揮!?

お笑い好きのchelmicoのMAMIKOがM-1グランプリを前に熱く語る!敗者復活からリアルタイムで観るガチっぷり?
SHARE
2018.12.20 11:00

11月29日、block.fmで放送されたスペシャルプログラム『chelmico ララランラララジオ』。その中からお笑いマニアのMAMIKOさんが目前に迫ったM-1グランプリ2018について熱く語った際の模様をお届けします。



MAMIKO:ちょっと私、話したい話、あるんすけど……。


RACHEL:うわっ、もうわかったわ。


MAMIKO:いいっすか?


RACHEL:いいよ。


MAMIKO:ちょっとM-1について私、話したくて。


RACHEL:はい、来ましたー。


MAMIKO:あのね、これもうね……。


RACHEL:「話したい」ってなにを話したいの? 「M-1、楽しみだね」って、それでいいじゃん? なんか話すこと、あんの?


MAMIKO:ちょっとね、M-1……。


RACHEL:まずね、まみちゃんがお笑いオタクすぎて気持ち悪いっていうところを知っている人がどれだけいるのか?っていう話ですよ。


MAMIKO:M-1、熱いじゃん、いま。だって今週の日曜日にもうM-1が……。


RACHEL:それも気持ち悪いのよ。なんかLINEで急に「すいません。お願いがあるんですけども……」みたいな。ガチトーンでまみちゃんからLINEが来て。「えっ、なんだろう? なんか参加できないとか、病気したとかかな?」って思ったら、「ちょっと12月2日、休んでもいいっすか? M-1に集中したいんで……」って。


MAMIKO:フハハハハハハッ!


RACHEL:ガチトーンで。「ええーっ、別にそんな言うことないじゃん」って思ったけど、まみちゃんも至って真剣だから茶化すこともできないし。


MAMIKO:いや、もう本当に真剣だから。


RACHEL:でも、休みがもらえたもんね。おかげでね。


MAMIKO:そう。やさしいの、みんな。14時から始まる敗者復活戦もリアルタイムで見ないといけないから。テレビの前で。


RACHEL:14時からだよ。早いんだよ。「リアルタイムで見ないといけない」っていうことも、ないよ。


MAMIKO:で、投票もしなくちゃいけないし。真剣に向き合わなきゃいけない催しなの。これは、本当に。


RACHEL:フフフ、気持ち悪い……(笑)。


MAMIKO:その後、決勝もあるからね。


RACHEL:まあ、そうね。まみちゃんが大事にしていることだからね。私も気になってきちゃっているよ。どうなの、それは誰かが楽しみとかあるの? 見どころは……とか。


MAMIKO:いやー、あのね、これはやっぱりね、ラストイヤーの人が3組いて。


RACHEL:「ラストイヤー」ってあれか。何回も出ているから、これ以降は出れませんみたいな?


MAMIKO:そうそう。「今年で最後ですよ」っていうのがあるんだけども。それでギャロップとジャルジャルとスーパーマラドーナ。この3組が今年、ラストイヤーで。特にそのスーパーマラドーナは武智さんっていうツッコミの人がM-1にかける思いがめちゃくちゃ強いわけ。だからもう本当に優勝したいんだ!っていう気持ちがあるから、そこにいま注目をしているんだけども。


RACHEL:その気持ちに?


MAMIKO:その気持ちに。


RACHEL:どれぐらい強いのか?っていう。


MAMIKO:その気持ちに注目して。


RACHEL:でもそのネタにどんな風に出るのかっていう。


MAMIKO:で、いちばん応援しているのは、見取り図。


RACHEL:あら!


MAMIKO:見取り図さん。


RACHEL:我々ね、1回大阪でご一緒させてもらった時があったね。


MAMIKO:そうそう。やっぱりがんばってほしくて。それで敗者復活戦でね、金属バットっていう芸人がいるんですけども……。


RACHEL:あっ、金属バット知ってるよ。


MAMIKO:めちゃっくちゃ面白いんだけど、その人たちが惜しくも負けちゃったから、その敗者復活戦で上がってきて……。それで見取り図の盛山さんっていうツッコミの人と金属バットが同級生なんですよ。小中の。


RACHEL:ああ、そうなんだ。


MAMIKO:そう。それでね、その見取り図の方はいつもずっと人気者だったんだけど、金属バットはそんなこともなく。で、嫌い合っているみたいな感じだったんだけども、芸人になった時にまた再会して。それで今回、この場で見取り図が先に行っちゃって。そういうタイミングで敗者復活戦を勝ち上がってきた時のテレビ画面でその2組を見るっていうのが私の夢。


RACHEL:夢か。激アツだね、それは。全然わかるもん、その気持ちは。


MAMIKO:漫画じゃん。


RACHEL:少年漫画だもんね。本当に。


MAMIKO:だからそれにね、いま期待してるんですよ。


RACHEL:でも、あれでしょう? 敗者復活戦はさ、1組だけなの?


MAMIKO:そうそう。1組だけ。


RACHEL:全部で何組いるの?


MAMIKO:敗者復活戦? 今年は12組とかかな?


RACHEL:多いね。その中から1組が……っていうことでしょう?


MAMIKO:そうなんだよねー。


RACHEL:すごいハラハラするね。でも結構好きな芸人さんが多いから、誰が上がってもさ、ちょっと見どころになるんじゃないの?


MAMIKO:そうなのよ!


RACHEL:誰かな?っていうね。


MAMIKO:そうなのよ。でもミキとかやっぱり人気だからね。


RACHEL:ああ、ミキさんね。


MAMIKO:敗者復活戦で上がるのかな?って思いつつね。あと、さらば青春の光も応援しているから、行ってほしいんだよね。


RACHEL:ああ、コントも出ていたよね。


MAMIKO:コントも出ていたね。


RACHEL:M-1も出ると? すごいね。どっちもやれるんだね。


MAMIKO:そうなんだよねー! レイチェルは誰を応援する?


RACHEL:知らないんだよなー。


MAMIKO:アハハハハハッ!


RACHEL:さっきから、わかるじゃん。スタンスでさ。


MAMIKO:マジかー。でもM-1の話をしすぎて、言われちゃった。「曲、行きますか」って。


RACHEL:ああ、じゃあ曲に行きましょう。



▼M-1当日のMAMIKOのつぶやきはこちら




番組情報



「chelmico ララランラララジオ」



https://block.fm/radios/659



written by みやーんZZ

SHARE