70年代から活躍! 女性R&Bシンガーの先駆けであるChaka Khan(チャカ・カーン)を紹介

Janet JacksonやMariah Careyが登場する前から活躍する大御所
SHARE
2018.10.08 07:40

女性R&Bシンガーの先駆けであるChaka Khan(チャカ・カーン)


Chaka Khan(チャカ・カーン)はJanet Jackson(ジャネット・ジャクソン)やMariah Carey(マライア・キャリー)Alicia Keys(アリシア・キーズ)などが活躍する遥か前から、アメリカの音楽界で活躍してきた女性R&Bシンガーの先駆けである。日本でも名前はよく知られているものの、詳しいキャリアについては知らない人も多いと言われる彼女の歩んできた歴史や代表曲を紹介する。




R&Bシンガー・Chaka Khanのプロフィール


Chaka Khanという女性は、アメリカ合衆国東部に位置するイリノイ州出身のアメリカ人女性R&Bシンガーである。Chaka Khanという名前は芸名で、本名はYvette Marie Stevensというが、芸名のChakaは炎を意味し、Khanは元夫の姓からきている。1953年春にイリノイ州で生まれた彼女はカトリック教徒として育ち、家族の影響でジャズ音楽をことなく愛する子供となっていった。


そして、10代前半から圧倒的な歌のうまさと声量をいかして地元にてシンガーとして活動し始める。なお、1970年代初頭までは別のアーティストネームで音楽活動をしていたが、最初の結婚をした1973年に夫の姓を取り入れたChaka Khanに名前を改名する。



R&B系バンド・Rufus時代のChaka Khan


改名した1973年から、Chaka Khanは、アメリカの音楽界にてR&Bシンガーとして一気に頭角を表す。1972年にRufus(ルーファス)というR&B系バンドのメンバーにその圧倒的な才能を高く評価されてRufusのボーカルに招き入れられ、1973年にメジャーデビューを果たす。


そして、翌1974年にはStevie Wonder(スティーヴィ―・ワンダー)が楽曲提供したRufusのシングル曲「Tell Me Something Good」が全米シングルチャートで3位に入るヒットを記録。以降も全米総合5位でR&Bチャートでは首位を獲得した「Sweet Thing」をはじめとして「Once You Get Started」「You Got the Love」など多数のヒット曲が生まれていった。


一方、RufusというR&Bバンドの活動と並行して1978年にはソロデビューも果たし、ますます名声を高めていく。その後1982年にはRufusが解散する事になり、以降はソロ活動に専念する事になった。



ソロ活動を開始ではグラミー賞を何度も受賞


Chaka Khanは、Rufus時代に大ヒット曲「Tell Me Something Good」でグラミー賞の「Best R&B Vocal Performance Group賞」を受賞している。そして、1970年代後半にソロ活動を開始してからはソロでも何度かグラミー賞にノミネートされてきたが、1984年にはソロ歌手として遂に「最優秀女性R&B歌手賞」を受賞した。さらには、翌1985年と1993年にも同賞を受賞しており、3回も「最優秀女性R&B歌手賞」を受賞してきた彼女は、あとに続くT&B女性シンガー達から強く敬愛されている。


なお、50代を超えても圧倒的な歌のうまさと声量は健在で、2000年代にも3回・グラミー賞のR&B関連賞を受賞しており、50代に入ってますます名声を高めた。




Chaka Khanの代表曲とは?


1970年代から長く活躍し続けているChaka KhanはRufusの曲も含めて数えきれないほどヒット曲を持っている。その中でまずバンド時代の最大の代表曲に数えられているのが「Tell Me Something Good」という最初の大ヒット曲だ。天才Stevie Wonderが書き下ろしたこの曲は、彼らしい雰囲気がある名曲で、Rufusの最高傑作ともいわれる。


ソロに入ってからの代表曲に挙げられるのは、グラミー賞最優秀女性R&B歌手賞を受賞する大きな要因となったPrince(プリンス)のカバー曲「I Feel for You」という曲だ。こちらは静かなR&B調の曲とは違うアップテンポでポップな曲で、ポップスに近いR&B曲が好きな人にはぴったりと曲と言える。




photo: facebook


written by 編集部


SHARE