Carl Cox、イギリスの国民保健サービスと協力してクラバーにワクチン接種を呼びかける

有名DJがワクチン接種を呼びかけるほか、イギリスではクラブが若者に向けたワクチン接種の会場になるケースも。
SHARE
2021.08.12 09:00

イギリスでは先月19日より、新型コロナウイルス流行に伴う法的規制の大半が解除されたことを受け、クラブの営業が再開されている。これはワクチン接種が進んだことが理由だが、感染拡大の懸念は払拭されたわけではなく、現在も新型コロナウイルス感染拡大防止のためのワクチン接種が呼びかけられている。



Carl Coxが若いクラバーたちにワクチン接種を受けるよう呼びかけ


若者のワクチン接種が以前よりも進む一方で、中にはワクチンの効果に懐疑的な者も一定数いることを受け、DJ/プロデューサーのCarl Coxがイギリスの国民保健サービス(NHS)と協力して、クラブに来場する若いクラバーたちにワクチン接種を受けるよう呼びかけている。

NHSの公式アカウントに投稿されたYouTube動画の中でCarl Coxは、コロナ病棟の最前線で働く医師とともにクラブに遊びに行く予定がある場合、感染予防のためのワクチン接種を受けることがなぜ重要なのかについて語っている。




今、私たちにできることは自分の身を守り、この瞬間を楽しめるようにすること


動画の中で、Carl Coxは、ワクチンを接種したくてもできない人や、まだ接種していない人へのアドバイスとして、「私たちはパンデミックの中にいる。これは私たち全員が対処し、取り組もうとしていることだ」「私たちが望んでいないのはクラブが一日の終わりに機能しなくなることで、今、私たちにできることは、自分の身を守り、この瞬間を楽しめるようにすることだけだ」とワクチン接種を呼びかけている。


また、ワクチン接種の経験について1回目は問題なく、2回目は「少し副反応があった」とするものの、現在は全く問題ないと主張している。 


Carl Coxは、以前、コロナ禍に違法レイヴが開催されることについて、その背景に理解は示しつつも、開催や参加を選ぶことは正しい答えではないとコメントしている。

関連記事:イギリス政府、違法レイヴ主催者に対して最高で100万円以上の罰金を課すことを発表 

BBCの報道によると、現在、ロンドンのクラブ「HEAVEN」などが、若者を対象にしたワクチン接種会場になっている。


written by Jun Fukunaga

source: 

https://mixmag.net/read/carl-cox-nhs-vaccinations-jabs-nightclubs-reopening-news https://www.bbc.com/japanese/57883801

photo:flickr



SHARE