ファッションのポイントに欠かせない! 男性にも女性にもおすすめのキャップブランドを紹介

幅広い人達に愛されるようになっているキャップ
SHARE
2018.12.30 03:30

幅広い人達に愛されるようになっているキャップ


キャップとは、かつてストリート・HIP-HOP系ファッションにおいてハイカットシューズと並ぶキーアイテムとなってきた。しかし、ハイファッションブランドも積極的にハイセンスなキャップを発売するようになって、人気が上昇している。その中からいくつかおすすめのブランドを紹介していく。


ハイファッションの服に合わせるなら「KENZO」


「KENZO」とは姫路出身のデザイナー・高田賢三がパリに渡ったのちに現地で立ち上げたブランドである。その後、パリコレ参加ブランドの中でも特に規模の大きい世界有数の高級ブランドになっていった。1999年に創業者が退任した後は一時期、存続の危機を迎えていたが、2011年にアメリカ国籍の2人のアジア系の人物がデザイナーに就任した。2人は高級なイメージが強かったKENZOブランドを若者にも受け入れやすい中価格帯のカジュアル寄りブランドに転換して、様々な大ヒットアイテムを生み出していく。


その中で、スウェット(トレーナー)と並んで大ヒットしてきたのが「KENZO」というブランドロゴが入ったキャップである。パリコレのトップブランドの商品が若者でも気軽に買える価格で提供された事、そしてKENZOというブランドのもつ付加価値が受けて世界中の若者の間でヒットした。日本でも影響力が強いモデル・ミュージシャンなどが一目みただけでKENZOの商品だとわかるキャップをかぶっている姿をSNSで披露した事で人気が火が付いた。KENZOとは今でもパリコレに参加する品格高いブランドのため、着用する服をハイファッションブランドで固めた際にはこのブランドのキャップをおすすめしたい。




カジュアルファッションに合う「CA4LA」


日本国内には、帽子の製造・企画・販売を専業としているブランドはほとんど存在しない。そんな中において、帽子好きの創業者が作った「CA4LA(カシラ)」というブランドは唯一、帽子専業ブランドとして国内で大成功している。そして、幅広い年齢層の若者に人気の「メンズノンノ」、男子大学生向けのカジュアルファッション誌「FINE BOYS」など様々な雑誌で毎月のように商品が取り上げられている。


このブランドはストリート系もしくはハイファッション系ではなくカジュアル系ブランドのため、カジュアル衣料に合わせる帽子として最適である。なお、全国各地に大都市に商品豊富な直営店があって、店に行けば色々な商品を試着してから購入する事ができる。また、店舗が近くにない場合は直営オンラインショップにて大量の品揃えの中から好きなものを選んで家に届けてもらう事も可能だ。


スポーツ系コーデに合う「NIKE」


NIKE(ナイキ)は、他の世界的なブランドに比べると歴史は浅めながら1980年代頃からNBAをきっかけに靴から人気に火が付き、adidas(アディダス)と並ぶ世界的スポーツ系ブランドとなった。そして、バスケットボールシューズとの相性が良いキャップの企画・販売にも古くから力を入れてきた。日本におけるブランド価値がとても高く、スポーティーなイメージがあるブランドのため、スポーツ系コーディネートに合わせるならNIKEのキャップが良いだろう。


なお、このブランドは、古くからストリート系ファッション誌に欠かせないブランドとして存在してきたため、もちろんストリート系ファッションにもよく合う。




ストリート系ファッションの王道ブランド「New Era」


New Era(ニュー・エラ)は1920年にアメリカ国内で発祥した約100年の歴史を誇る帽子専業ブランドである。アメリカにて古くからストリート系ファッションに合わせるキャップの定番として人気を博してきた。日本に上陸してからも、帽子専門ブランドということが好影響となって、1990年代半ばからストリート系ファッションには欠かせないブランドとなっていく。


2000年代に入ってストリート系ファッションブームが衰退してからもこのブランドの人気は不滅で圧倒的な人気を誇る。そんなNew Eraはストリート系コーデで決めた日に最もおすすめのブランドである。



written by 編集部


photo: facebook


SHARE