ハリー・スタイルズをリスペクト、カニエ・ウェストのファンフォーラム発! 今、全米で話題急上昇する「ヒップホップ界の男性アイドルグループ」Brockhamptonとは?

ニューヨークのタイムズスクエアで行ったストリートライヴがレイヴ状態に。TV番組でハリー・スタイルズの誕生日を祝うコメントも
SHARE
2018.02.05 03:00

現在、ヒットチャートを席巻するなど今やEDMを凌ぐ人気になっていると言えるヒップホップ。そんなシーンの中で今までになかったスタイルで現在、人気が急上昇しているのがBrockhampton(ブロックハンプトン)というグループだ。  


ヒップホップ界の ”アイドル” Brockhamptonとは  


このグループは10名以上のラッパー、DJ、プロデューサー、ディレクター、フォトグラファーなど多様なメンバーで構成されており、現在はカリフォルニアを拠点に活動。自らをヒップホップ界の”アイドル”(=ボーイバンド)と自称している。



彼らは、元々はネット上にあるカニエ・ウェスト(Kanye West)のファンフォーラムのメンバーで、ファウンダーでラッパーのKevin Abstractの呼びかけにより2015年にBrockhamptonとして活動開始。その後、2016年に『All-American Trash』というミックステープをリリースしにわかに注目を集めた。そして昨年は、たった1年間で『Saturation』3部作と呼ばれる3枚のアルバムを立て続けにリリースしたことも海外音楽メディアを中心に話題になっていたことも記憶に新しい。 


顔面青塗りライヴでタイムズスクエアをレイヴ状態に  


そんな彼らが先日、MTVの音楽番組「TRL(Total Request Live)」に出演。ニューヨークのタイムズスクエアでストリートライヴを行った際の映像が公開された。


ライヴ映像では、日本でも知られているパフォーマンスグループの「ブルーマン・グループ」のように顔面を青塗りにしたメンバーがタイムズスクエアに集まったファンを大いに盛り上げ、レイヴ状態にしている様子が確認できる。



ただ、なぜメンバーが青塗りになっているかというと、これは先述の『Saturation』3部作で昨年末にリリースされたアルバム『Saturation III』のジャケが理由。そのジャケでは動画のメンバーと同じように青塗りの人物がフィーチャーされたものになっている。  



また今回彼らがライヴでパフォーマンスした「BOOGIE」という曲のMVでも、メンバーが青塗りになっているため、現在、ブルーフェイスはグループにとってアイコニックなものになっているのだ。



スーパーアイドルのハリー・スタイルズ誕生日を祝う 


そんな彼らは、スタジオでの収録では、典型的なアイドルではないのになぜ自分たちを男性アイドルと呼ぶのか? 男性アイドル像を再定義することなどを話したようだ。またその際、Kevin Abstractは、放送日の2月1日が誕生日だった人気男性アイドル・グループのワン・ダイレクション(One Direction)のメンバー、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)の誕生日を祝うコメントをしたところ、会場から大きな歓声が起きた。



どちらかという色々な意味でマッチョなイメージが少なからずあるヒップホップシーンにおいて、躍進の兆しを見せる "アイドルグループ" Brockhampton。今年もすでに昨年末にアルバムをリリースしたばかりなのに新作アルバム『Team Effort』が控えていたりとその脅威的なリリーススピートにも驚かされるばかりだが、とにかく今後、日本でも注目しておくべきアーティストだということは間違いない。




あとアイドルと自称するもののサウンドは本格的で相当イケてるからこのグループを侮るべからず。Brockhamptonが気になった人はまずは『Saturation』3部作のチェックからどうぞ! 


参考: 

http://trl.mtv.com/news/3062366/brockhampton-perform-boogie-on-trl/

http://www.thefader.com/2017/07/13/brockhampton-members-kevin-abstract-interview-saturation 

https://en.wikipedia.org/wiki/Brockhampton_(band)


Written by Jun Fukunaga 

Photo: TRL

SHARE