Britney Spearsの新たなドキュメンタリー『Britney vs. Spears』がNetflixにて9/28より配信スタート

Huluで配信された『Framing Britney Spears』に続く作品。配信に先駆けてトレイラーも公開された。
SHARE
2021.09.24 03:00

過去13年間に渡り、裁判所の定めた成人後見人制度によって自由の身で居られることのなかったBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)。彼女に関する新たなドキュメンタリー『Britney vs. Spears』がNetflixにて9月28日に配信開始されることが発表され、トレイラーも公開された。


日本版では副題に『後見人裁判の行方』と加えられており、今もなお法廷で争っている裁判についての最新の内容が収められているだろう。






父親からの新たな要求


Britney Spearsに後見人が必要だとされたのは、依存症から精神的に不安定になり、プライベートでは離婚もした2008年頃のこと。その後数年間かけて彼女はアーティストとしての活動やテレビ出演などキャリアを前向きに修正してきている。にも関わらず彼女の財産やプライベートなど“彼女にまつわるほぼ全ての事柄”が後見人に指定されている父親のJamie Spears(ジェイミー・スピアーズ)の管理下に置かれたままなのだ。


そして、トレイラーが公開される数週間前に事態に変化が訪れた。成年後見人の解任を求められていたJamie Spearsがついに「適切な時に解任を受け入れる」と発表した。これだけなら大きな進展と考えていいのだが、8月30日にはBritney Spearsに対し、裁判費用を含めた200万ドル(約2億2000万円)を要求してきたのだ。これではまだこの問題が解決するまでに時間がかかると予想されるだろう。




婚約報道にファンからは心配の声も


そんなBritney Spearsだが、プライベートでは約5年間交際してきた恋人との婚約も発表している。しかし騒動の渦中におり、これまでにも周りから利用されてきている人生であったことをファンは心配しており、2人に“婚前契約”を結ぶように要求する声が上がっている。


成年後見人である父親とその周りの人間から好きなように財産を搾取されてきたBritney Spearsに対して心配するのは当然のことで、婚約者である男性は「婚前契約は結ぶ予定だ」ともコメントしている。結婚もし、成年後見人の解除がでできれば彼女のこれまでの苦労も少しは報われるのではないだろうか。



「私は人生の全てを仕事に費やしてきた。誰にも貸しはないわ」。トレイラーでそう話すBritney Spearsの声が印象的だ。『Britney vs. Spears』が配信開始される翌日、彼女は重要な法廷審問を迎える。



written by BsideNews


source

https://www.complex.com/pop-culture/britney-vs-spears-netflix-documentary-trailer


photo

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=296841125128811&set=pb.100044087783543.-2207520000..&type=3




SHARE