BLOCK.FESTIVAL Vol.1、第2弾アーティスト&前夜祭ラインナップ・タイムテーブル発表!

5/5 14:00〜開催のBLOCK.FESTIVAL Vol.1追加ラインナップが発表になった。また、5/4に開催となる前夜祭の出演者、そして2日間のタイムテーブルも発表に。
SHARE
2020.05.01 08:25

5月5日(火)に開催される、アーティストと音楽ファンが「STAY HOME」でつながるオンライン音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL(ブロック フェスティバル)」Vol.1の追加ラインナップ、さらに5月4日(月)に開催の前夜祭に出演するDJラインナップを発表!!


公式サイト : https://blockfes.com/


Vol.1の出演アーティストは、先日発表になった14組に加えて、STUTS、BIGYUKI(Piano Set) が加わり、合計16組のアーティストの出演が決定。




また、前日の5月4日(月)にはblock.fmパーソナリティのQ’HEY、TJO、HVNS、Maika Loubté、YANATAKEのDJ5名が出演する前夜祭ライブも行います。2日間合計13時間にわたり「自宅」でつながりながらライブやトークを楽しむ音楽フェスです。


<タイムテーブル>


BLOCK.FESTIVAL Vol.1 5.5(火)14:00〜24:00




視聴予約をする

https://live.line.me/channels/21/upcoming/13600831



BLOCK.FESTIVAL Vol.1 前夜祭 5.4(月)21:00〜24:00




視聴予約をする

https://live.line.me/channels/21/upcoming/13624069



「自宅音楽フェス」の新提案


「BLOCK.FESTIVAL」では、ライブ配信サービス「LINE LIVE」とのコラボレーションを行うことで、アーティストがライブやトークを繰り広げるだけでなく、フェスTシャツが届いたり、「投げ銭」で応援できる仕組み、抽選で特別グッズが当たるキャンペーンなど、まるでリアルな音楽フェスに参加しているかのように応援したり楽しめるコンテンツを用意しています。


オンライン音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL」の楽しみ方

「投げ銭」での応援 :応援したい時、すぐにアーティストにギフトをプレゼントできる「投げ銭」システム

・自宅に「フェスTシャツ」が届く :ライブ中に投げ銭すると、後日自宅に「フェスTシャツ」が届く

特別キャンペーン企画 :協賛企業による特別キャンペーン企画の実施


収益は、リアルに開催する音楽フェスに向けた開催資金とともに、アーティスト、音楽・ライブに関わる人達への支援につなげていきます。


【投げ銭で自宅に「フェスTシャツ」が届く】




ライブ中にLINE LIVEアプリから投げ銭をすることで、後日、自宅にフェスTが届きます。

フェスTシャツのデザインはVol.1オリジナルデザイン。ブラック・ホワイト・レッドの3色展開、バックにはVol.1出演アーティスト名を記載。


Tシャツ投げ銭の方法について詳しくは公式サイトで確認を。

公式サイト : https://blockfes.com/


【協賛企業による特別キャンペーン】


淡麗グリーンラベルを60名様に24本ずつプレゼント




BLOCK.FESTIVAL Vol.1のLIVE中にLINE LIVEアプリから応援アイテムを投げ銭して頂いた方の中から、ポイント数上位50名様と、60位、70位、80位、90位、100位、200位、300位、400位、500位、1,000位の計60名様に淡麗グリーンベル350ml缶24本プレゼントします。

・キャンペーンの対象はLINE LIVE アプリから応援アイテムを投げ銭して頂いた方に限ります。

・プレゼントの権利を第三者へ譲渡することは出来ません。

・20歳以上の方のみご応募いただくことができます。

・20歳未満の方は応募資格がございません。あらかじめご了承ください。

・20歳未満の方の応募であると判明した場合、当選対象から除かせていただきます。


協賛コメント

「STAY HOME」の状況下でも、皆さんが少しでも明るく楽しく過ごせるようにとの想いで「淡麗グリーンラベル」はBLOCK.FESTIVALに共感し、サポートさせていただくことになりました。

素敵な音楽と共に淡麗グリーンラベルで乾杯しましょう!



■5/12(火)発売の超没入エナジーZONe × BLOCK.FESTIVALコラボグッズ プレゼントキャンペーン




<景品>

・BLOCK.FESTIVAL × ZONe オリジナルキャップ(1個)

・ZONe Tシャツ(1枚)

・ZONe Ver.1.0.0 / ZONe FIREWALL Ver.1.0.0(計2本)


<応募方法>

@blockfmjp@zone_energy_jpのアカウントをフォローし、以下のツイートをRTすると応募完了です。

当選者にはblock.fmのTwitterからDMにてお知らせいたします。

キャンペーン参加用の対象ツイートはこちら:



<応募期間>

2020年5月1日(金)~5月5日(火・祝) 24時締切


応援メッセージ

このたび超没入エナジーZONeは、アーティスト、音楽業界を支援するBLOCK.FESTIVALの取り組みに激しくシンパシーを感じて、微力ながら仲間に加えていただくことになりました。

ゴールデンウィークはSTAY HOME, STAY CONNECTEDで、最高の音楽に「超没入」しましょう!



「BLOCK.FESTIVAL」は、フェスやライブなどの自粛が続く中、アーティスト自らが立ち上がり、アーティストと音楽ファンが、オンラインで音楽やエンターテインメントを共有し、さらに、新型コロナウイルスの終焉後には、本当に会えるリアルな音楽フェスにつなげる、継続的な音楽フェスプロジェクト。今後もオンライン音楽フェスの新しい楽しみ方にチャレンジしていきます。



【BLOCK.FESTIVAL Vol.1 概要】




配信日時 : 2020年5月4日(月)・5日(火)


前夜祭DJライブ 5月4日(月) 21:00〜24:00

アーティストライブ 5月5日(火) 14:00〜24:00

配信方法 : LINE LIVE

料金 : 視聴無料(応援アイテム/投げ銭制)

公式サイト : https://blockfes.com/


【出演アーティスト 】 ※50音順

5月4日 前夜祭DJライブ 全5名 

Q’HEY

TJO

HVNS

Maika Loubté

YANATAKE


5月5日 アーティストライブ 全16組

iri

eill

m-flo

Campanella

kiki vivi lily

SASUKE

SKY-HI

STUTS

TAAR

NAGAN SERVER

BIGYUKI(Piano Set) 

Mom

MINMI

向井太一

YonYon

RIRI


スケジュールは変更になる可能性があります。


尚、5月の開催が中止になってしまった人気フェス「森、道、市場」のご協力により、 「森、道、市場」常連アーティストも参加します。

また、開催予定日であった5月15日〜17日には「森、道、市場をお茶の間で」という配信企画で一部出演アーティストのアーカイブ映像も配信される予定です。


LINE LIVE 概要

「LINE LIVE」は、誰もが気軽にリアルタイムで動画配信を楽しめるライブ配信サービスです。何気ない日常トークをはじめ、音楽や歌などのパフォーマンスや声だけによる配信など、時間や場所に捉われないリアルタイムなコミュニケーションを楽しむことができます。また、毎日開催されているオーディションには、数多くのライバー(ライブ配信者)が参加しており、視聴者はコメントやハート、応援アイテムを送って応援するなど、夢を叶えたいライバーと応援者が一緒に盛り上がれる空間を提供しています。

https://live.line.me/


【主催・運営】

主催 : block.fm / block.fm ☆Taku Takahashi(m-flo)


企画・制作 : BLOCK.FESTIVAL 実行委員会


協賛 ※50音順:


キリンビール / 淡麗グリーンラベル


爽やかなおいしさと糖質70%オフのバランスの良さが特長のキリンビールの発泡酒「淡麗グリーンラベル」。

この春リニューアルして、雑味のないすっきりとした味わいとビールに近い「満足感」を両立し、爽やかなおいしさに磨きをかけました。日本食品標準成分表2015年版(七訂)による。

【淡麗グリーンラベル公式サイト】 https://www.kirin.co.jp/products/beer/greenlabel/


DIGITAL PERFORMANCE ENERGY「ZONe」/デジタルパフォーマンスエナジー ゾーン


eカルチャーを愛する全ての人をサポートする、デジタル世代に向けた没入型エナジードリンク。

昨年より先行テスト販売をしている「ZONe β Ver.0.8.5」 を進化させた「ZONe Ver.1.0.0」が5月12日(火)に全国発売予定。

【ZONe公式サイト】https://zone-energy.jp/


<アーティストプロフィール> ※追加アーティスト・50音順


STUTS




1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。

2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。

2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。

2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。

現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。


BIGYUKI




6歳からピアノを始め、バークリー音楽大学在学中からセッション・プレイヤーとして活躍。

ア・トライブ・コールド・クエストとJ・コールの全米チャート1位獲得アルバムにそれぞれ参加し、大きく注目を集める。

2015年にはアメリカの「JAZZ TIMES」誌が行った読者投票の〈ベスト・シンセサイザー奏者〉部門で、ハービー・ハンコック、チック・コリア、ロバート・グラスパーに次ぐ4位に選出された。2017年には、本人名義のフルアルバム「Reaching For Chiron」を発表し、2018年に朝霧JAM、2019年にFUJI ROCK FESTIVALに出演。

ヒップホップ~R&B、エレクトロニック・ミュージックを縦横無尽に横断するハイブリッドなサウンドは、日本国内においても注目を集めている。


<DJプロフィール> ※50音順


Q'HEY [REBOOT]




東京で最長寿テクノパーティー「REBOOT」をオーガナイズ。

野外フェス「Metamorphose」及びモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」の唯一のレジデントDJでもあり、日本のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍している。2011年東日本大震災を受けてチャリティー・プロジェクト「BPM Japan」を設立。2012年にはフジロックフェスティバルにも出演。2013年にはTorqueよりアルバム「CORE」をリリースし、BeatportのテクノチャートでTop5入りを果たした。

またインターネットラジオ局block.fmにて、毎奇数週火曜放送の番組「radio REBOOT」のパーソナリティーも務めている。



TJO




ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJ。日本、イギリス、タイ人の血を引きパリに生まれる。東京を中心に日本各地でのクラブ・レジデントパーティーを抱える他、近年では世界中の多様な大型フェスに出演。

また、ラジオ・パーソナリティーとしての人気も高く”block.fm”では彼のトークを随時楽しめる。音楽プロデュースでは、国内外を問わず多岐に渡るアーティストに楽曲を提供。

楽曲制作の他、DJ MIX作品では世界最高峰のダンス・レーベル “ULTRA MUSIC” から日本人初となるMIXCDリリースを実現したことがシーンに衝撃を与えた。

タレント力が高いバイリンガルDJ。幅広い層からの人気を独占中である。



HVNS




NY生まれハワイ育ち東京在住。Soundcloudにて様々なアーティストのブートremixを発表、SevnthWonder, starRo等が自身のMixに使用し話題を集めたHVNSが登場。2016年、初オリジナルEP「CHROME」リリース。さらSteve Aoki主催のDim Mak RecordsからJersey ClubプロデューサーR3LLとのコラボ曲 「All 2 You」をリリース。2017年にはゲスの極み乙女のオフィシャルリミックスを担当し、2018年にはIndigo La Endのアルバム「PULSATE」に雫に恋して (Remix by HVNS)が収録される。HVNS名義と他にTechno RnBユニット「iivvyy」のメンバーとして活動。2018年には宇多田ヒカルの「Too Proud」のオフィシャルリミックスにiivvyyが参加している。2020年にはボーカリストとして活動をスタートし、現在デビューEPを制作中。



Maika Loubté




SW/トラックメーカー/DJ。幼少期から10代を日本・パリ・ 香港で過ごす。リサイクルショップでビンテージアナログシンセサイザーに出会ったことをきっかけに、ポップスとエレクトロニックミュージックを融合させた現在のスタイルで音楽制作をはじめる。2019年7月にアルバム「Closer」を配信リリースし、先行配信されたシングル「Nobara」・「Mountaintop」は国内外の多数のSpotifyプレイリストに追加 された。「Nobara」はJ-WAVE 「SONAR MUSIC」"SONAR TRAX"に選出、「TOKIO HOT 100」で初登場76位から最高17 位までチャートインし、Googleの国内CMにもタイアップ曲 として起用。Netflixにて全世界配信中の アニメ「キャロル&チューズデイ」にも楽曲提供・歌唱で参加。 これまでに、agnès b、Mercedes Benz、STUSSY WOMEN、Gapなどのブランドとのコラボレーションや、台湾・中国・香港・ 韓国・タイ・フランス・スペインでライブを行うなど、国内外で 活動の幅を広げている。



YANATAKE




レコードショップ「Cisco」のヒップホップ・チーフバイヤーとして渋谷宇田川町の一時代を築き、Def Jam Japanの立ち上げやMTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担って来た存在。ビデオゲーム「Grand Theft Auto」シリーズや宇多田ヒカルのPR、発売イベントも手掛け多方面に活躍中。そのセンスは多くのDJやラッパーからも信頼され、アドバイザー的な役割も果たしている。DJとしてはClub Harlemでのイベント"Honey Dip"やYellowdeでの"FOWL"などDJ Hasebe,DJ Wataraiらと長期に渡り活動中。コラムの執筆や自身のブログ、Twitterは連日高いヒット数を誇るなど業界内外問わず支持が高い。近年はヒップホップの人気インターネット番組のディレクションも手掛けている。



【関連記事】

「BLOCK.FESTIVAL Vol.1」事前準備特集① 第1弾出演アーティスト紹介&予習プレイリストを公開!


「BLOCK.FESTIVAL Vol.1」事前準備特集② 出演アーティスト同士のコラボを振り返る


ライブレポート|オンライン音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL Vol.0」アーティストとリスナーが自宅でつながった4時間を振り返る




SHARE