STAY HOMEでつながる年越し配信フェス「BLOCK.FESTIVAL Vol.4」MINMI、STUTS、80KIDZら第1弾ラインナップ発表

12/31、「HOME COUNTDOWN」をテーマに家で迎えるカウントダウンを盛り上げる音楽フェスを配信!!
SHARE
2020.12.09 03:30

block.fmは、 アーティストと音楽ファンがつながるオンライン音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL」5回目となる 「BLOCK.FESTIVAL Vol.4」を、年越しカウントダウンライブとして2020年12月31日(木)に開催します。


公式サイトURL: https://blockfes.com/


「BLOCK.FESTIVAL」は、☆Taku Takahashi(m-flo)主宰のもと、新型コロナによる外出自粛期間にアーティストと音楽ファンが音楽やエンターテイメントを通してつながることを目的に、2020年4月に「STAY HOME, STAY CONNECTED」を掲げ、オンライン音楽フェスを先駆けて開催。


以降も社会情勢を踏まえながら海が望める場所、渋谷区とのハロウィン共催など、場所やカタチを変えながら計4回の開催を実現しました。


5回目の開催となる「BLOCK.FESTIVAL Vol.4」は、2020年の締めくくりだからこそ 「STAY HOME, STAY CONNECTED」に立ち返り、「HOME COUNTDOWN」をテーマに家で迎えるカウントダウンとして、アーティストも自宅やスタジオなどそれぞれの場所からライブを配信します。






第1弾ラインナップ発表!!




第1弾ラインナップとして、80KIDZ・STUTS・☆Taku Takahashi&TJO(Special Back To Back Set)・Hiplin・MINMIの6組の出演が決定。


いろいろなことがあった2020年。 「BLOCK.FESTIVAL」はアーティストと音楽ファンをつなぐという原点に立ち返り、2020年の素敵な締めくくりと笑顔で迎える2021年の始まりを、それぞれの家からオンラインでつながり共有したいと考えています。



BLOCK.FESTIVAL LINE公式アカウントをフォローしよう




友だち追加をすると、アーティスト情報や、 オフィシャルグッズ販売など最新情報をお届けします。

https://lin.ee/Db0Uhiq



BLOCK.FESTIVAL限定オリジナルグッズがゲットできる!「BLOCK.FESTIVAL OFFICIAL STORE」








BLOCK.FESTIVAL Vol.4 限定Tシャツやパーカーなど様々なオリジナルグッズをご用意しています。 Vol.4開催までにゲットして当日のライブをお楽しみください。


ECストア

▶https://blockfes.official.ec

      


 BLOCK.FESTIVAL Vol.4 概要




配信日時 : 2020年12月31日(木) 20時開始予定

配信方法 : LINE LIVE

料金 : 視聴無料

※応援アイテム(投げ銭)でBLOCK .FESTIVALの出演アーティストを応援できます。

公式サイト : https://blockfes.com/


【出演アーティスト_第1弾】 ※50音順

80KIDZ

STUTS

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST) 

TJO

Hiplin

MINMI

and more…!!


【NAVIGATOR】

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)

三原勇希



 BLOCK.FESTIVAL について

「BLOCK.FESTIVAL」は、フェスやライブなどの自粛が続く中、アーティスト自らが立ち上がり、アーティストと音楽ファンがオンラインで音楽やエンターテインメントを共有し、本当に会えるリアルな音楽フェスにつなげる、継続的なオンライン音楽フェスプロジェクトです。 計4回の開催で述べ250万人以上の方が参加した国内最大級のオンライン音楽フェスです。


【Vol.0】 2020/4/18開催 

【Vol.1】 2020/5/1開催 

【Vol.2】 2020/8/1開催 

【Vol.3】 2020/10/31開催


新型コロナによる外出自粛期間中に「STAY HOME, STAY CONNECTED」を掲げVol.0、Vol.1を開催。外出自粛解禁後には、思うように夏を楽しめない今夏に、海が望める会場でのライブとアーティストとともに花火を打ち上げたVol.2、渋谷区と共催で楽しむ新たなハロウィンを提案したVol.3と、社会情勢を踏まえながらも様々な場所でカタチを変えながら開催してきました。 また、LINE LIVEを通して、応援アイテム(投げ銭)によるアーティストへの応援や、アーティストを応援するとフェスTシャツが届く仕組み、 ファン同士がつながることのできるオープンチャット開設など、BLOCK.FESTIVALは、アーティストと音楽ファンが、そして音楽ファン同士がつながり続けて欲しいという想いから音楽とエンターテイメントを共有できる新たな体験にチャレンジしてきました。


BLOCK.FESTIVALは、本当に会えるリアルな音楽フェス実現に向けて、今後もオンライン音楽フェスを開催していきます。


【主催】 block.fm / block.fm主宰 ☆Taku Takahashi(m-flo) 

【企画制作】 BLOCK.FESTIVAL 実行委員会



LINE LIVE

「LINE LIVE」は、誰もが気軽にリアルタイムで動画配信を楽しめるライブ配信サービスです。何気ない日常トークをはじめ、音楽や歌などのパフォーマンスや声だけによる配信など、時間や場所に捉われないリアルタイムなコミュニケーションを楽しむことができます。また、毎日開催されているオーディションには、数多くのライバー(ライブ配信者)が参加しており、視聴者はコメントやハート、応援アイテムを送って応援するなど、夢を叶えたいライバーと応援者が一緒に盛り上がれる空間を提供しています。

https://live.line.me/


     

 <参加アーティスト> ※50音順




80KIDZ

‘07年1月に結成、エレクトロ・ユニット。

自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル 『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。

以後、フル・アルバム5作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、 2018年春にデビュー10周年を迎え、初のベスト・アルバム『BEST KIDZ – The Best of 80KIDZ 2008-2017』をリリース。 シーンの垣根を越えて活躍を続けている。

2020年には配信とカセットテープでMIXTAPEシリーズ『RAW WNDS MIXTAPE』 を4作リリースし話題を集めた。





STUTS

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。 

2013年2月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行。オーディエンスが踊り出す動画をYouTubeで公開して話題になる。MPC Playerとして都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックスの依頼を受けるようになる。

2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。

2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。 

2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。 現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。 

2020年9月に最新作『Contrast』をリリース。





☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)

DJ、プロデューサー。

98年にVERBAL、LISAとm-floを結成。ソロとしてもCalvin Harris、The Ting Tings、NEWS、Crystal Kay、加藤ミリヤ、 MINMI、EXIDなど国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行うほか、アニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」、ドラマ・映画「信長 協奏曲」、ゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン III」など様々な分野でサウンドトラックも監修。

2010年にリリースした「Incoming... TAKU Remix」は世界最大のダンスミュージック配信サイト“beatport”で、D&Bチャートにて年間1位を獲得。 また同曲で、『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を獲得し、日本人として初めての快挙を成し遂げ、名実ともに世界に通用する事を証明した。

国内外でのDJ活動でクラブシーンでも絶大なる支持を集め、LOUDの“DJ50/50”ランキング国内の部で3年連続1位を獲得し、日本を牽引する存在としてTOP DJの仲間入りを果たす。 

m-floの最新アルバム「KYO」、lovesシリーズ復活第二弾の最新シングル「m-flo♡chelmico RUN AWAYS」が好評発売中。





TJO

ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJであり、日本トップキュレーター。 

東京を中心に日本各地でのクラブ・レジデントパーティーを抱える他、近年では世界中の多様な大型フェスに出演。 ラジオ・パーソナリティーとしての人気も高く”block.fm“ではレギュラー番組を務める。また、別名”TJOチャンネル”として閲覧数の高い自身のInstagramストーリーはメディア並みの人気を誇る。Spotifyプレイリストからの音楽紹介、旬の雑ネタトピックス、視聴者Q&Aなど、バラエティに 富んだTJOトークを発信中だ。

音楽プロデュースでは、国内外を問わず多岐に渡るアーティストに楽曲を提供。楽曲制作の他、DJ MIX作品では世界最高峰のダンス・レーベル “ULTRA MUSIC” から日本人初となるMIXCDリリースを実現したことがシーンに衝撃を与えた。タレント力が高いバイリンガルDJ。多くのメディア・ 幅広い層からの熱い支持を一身に集めている。

https://tjo-dj.com/





Hiplin

関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。 

自身が歌う楽曲では、 SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。

またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に飛んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、 海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。 

そして2016年に発売されたdemo mini Album "2ケツ"の中に収録されていた1曲“Grow UP”が変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGの耳に止まり新たにAcoustic verにアレンジされ自身のアルバム”Mellow Mellow ~GeG's Playlist~"に収録したことをキッカケにHiplinの名が徐々に全国へ広まっていく。

そして注目の新レーベ ル Goosebumps Musicからリリースされた、GeG “I Gotta Go”への客演参加やGrow Up /Hiplin&GeG などで一気に注目のシンガーソングライ ターへと躍り出た、いま最も重要なアーティストのひとり。

そして、2020年冬Hiplin本格始動開始!! 11月11日1st EP 【CHOKING】をリリース。





MINMI

シンガーソングライター。5歳のころからピアノを弾き始め、周りの影響からジャズやソウルなどのブラックミュージックに興味を持つようになる。

2002年8月デビューシングル「The Perfect Vision」が売り上げ50万枚という快挙を遂げる。

2003年3月に1stアルバム「Miracle」をリリース。

2008年11月のレコード会社移籍を経てシングル、アルバムをコンスタントにリリースし、コンサートも開催。夏フェスの女王と称され2015年は、”フェス 最多出演女性アーティスト”となった。

歌手活動だけでなく新時代を切り開く女性として、幅広い世代から圧倒的な支持を得ており、ファッションや発信するメッセージでも多くの女性に影響を与えている。

社会貢献活動にも積極的で、「森里川海プロジェクト」と「MOTHER EARTH」の活動に共感し、 制作したギフトソング ”Mother Earth” を2016年11月に発表。

2019年夏からは、ロサンゼルスにも拠点を置き今まで以上にワールドワイドな音楽活動を行う。

2020年3月、RED SPIDERプロデュースの「Single Mother」を配信。10月に自身のレーベルから初のリリースで「imacoco」を配信。 11月には、宮崎にオープンしたアミュプラザみやざきのために書き下ろしたテーマソング「Smile」を配信。





SHARE