コーチェラ出演black midi、新曲「Sweater」リリース! 11分半にも及ぶ大作に

注目のUK新世代バンドの新曲はミニマルながらも荒れ狂う轟音ギターとテクニカルなドラム演奏が炸裂する1曲になっている。
SHARE
2020.02.07 11:00

昨年の来日ツアーは全公演ソールドアウト。日本でも注目を集めるいサウスロンドン発のUK新世代バンド、black midiが、突如新曲「Sweater」をリリース。現在は、各種ストリーミングサービスで配信中だ。



black midi新曲は11分半にもおよぶ大作「Sweater」 


black midi待望の新曲「Sweater」は、なんと曲の長さが11分半にもおよぶ大作に。スローテンポで進む序盤の構成はミニマリスティックだが曲が進むにつれ、徐々に荒れ狂う轟音ギターとテクニカルなドラム演奏が炸裂。black midiらしい即興演奏のインプロバイゼーションから生まれたかのような楽曲になっていることに注目したい。





今春はコーチェラにも出演決定、さらなる飛躍を遂げることが予想される  


4人編成のバンドは、まだメンバーメンバー全員が19歳か20歳。イギリスの名門音楽学校ブリット・スクール出身で、近年、盛り上がるサウスロンドンを拠点に活動を行なっていることも注目を集めている。 


結成からわずか1年たらずで、UKロックの新世代を代表するバンドになったblack midiだが今年4月にはアメリカで行われるコーチェラ2020出演が決定。さらなる飛躍を遂げることが予想される。 


なお、block.fmでは昨年の来日ツアー時に彼らにインタビューを敢行。その際にはデビューアルバム『Schlagenheim』や特異な音楽性、UKにおけるバンドシーンの現況などについて語ってもらっている。



関連記事:

UK最注目バンドblack midiインタビュー 日本を熱狂させた特異な音楽性の秘密を探る 


written by Jun Fukunaga



SHARE