Björkがbandcampページ開設、デビュー作から最新アルバムまでを販売! 収益は黒人差別抗議運動のために寄付

アルバム販売による収益は全てBlack Lives Matter UKに寄付される。
SHARE
2020.06.19 13:00

Björkが黒人差別に抗議するための運動「Black Lives Matter」を受けて、自身のbandcampページを開設。その販売による収益をBlack Lives Matter UKに寄付することが明らかになった。



Björkのスタジオアルバム9タイトルがbandcampに登場  


bandcampページで販売されるのはBjörkのデビューアルバムで1993年にリリースされた『Debut』から2017年にリリースされた最新アルバム『Utopia』までの全9タイトルのスタジオアルバムだ。


これらのアルバムの販売プラットフォームとなるbandcampでは、今月初め、黒人差別抗議運動を受け、奴隷解放宣言を祝う記念日(Juneteenth)である本日6月19日に発生するbandcampの収益を全額NAACP Legal Defense Fundに寄付することを発表。今回のBjörkによる寄付もbandcampと同じく、6月19日分の収益が寄付に充てられる。



母国・アイスランドにおける人種差別をテーマにしたライブディスカッションも配信 


またBjörkは、黒人差別問題関連した、母国・アイスランドにおける人種差別をテーマにしたライブディスカッションを自身のInstagramで配信。アメリカで起きた「Black Lives Matter」がアイスランドにどのような影響を与えたかを2人の混血アイスランド人女性が討論する内容になっており、現在はそのアーカイヴを視聴することができる。


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://crackmagazine.net/2020/06/bjork-bandcamp-black-lives-matter-uk/

https://www.icelandreview.com/society/discuss-racism-in-iceland-via-bjorks-instagram-page/


photo: Björk bandcamp



SHARE