block.fmが選ぶ国内外のアーティストによる2月の注目リリース、5作品をピックアップ

Moment Joon、Primula、The Avalanches、Col3trane、Yuzion&Futuristic Swaverの新曲をチェック。
SHARE
2020.02.27 07:00

Written by TOMYTOMIO




早くも2月終わり。新型コロナウィルスの影響による政府方針の発表で、国内のイベントやコンサートが軒並み中止・延期に。春先にかけての音楽イベントやフェスの開催も危ぶまれており心配です。今後も取材を兼ねてのもの、友人や面識のあるアーティストが出演するイベントや、個人的に行きたかったイベントも中止、または延期になってしまう可能性が大いにあり、大変残念です。が、主催者や開催される会場、企画運営チーム、スタッフ、出演予定だったアーティストの皆さんがいちばん悔しいはず。貴重な機会と体験を創出してくれるイベントがこのようなかたちで開催できなくなってしまうのは、なんだかやりきれない気持ちになります。早くこの問題が解決に向かってほしいですし、徹底して自分たちの身を守り、できることでサポートしあっていけたらと思います。すでに罹患されてしまった方は重症化せず快方に向かってくれることを祈ります。加えて天気も良かったり悪かったり、寒かったり急にあたたかくなったり、自律神経乱高下しまくりで体調が気になる2月ですが、いい音楽を聴いてせめて心の充実を図りたいです。というわけで2月の注目リリースをピックアップしました。




Moment Joon、Primula新曲、The Avalanches4年振りリリース、ロンドンのFrank OceanことCol3trane、YuzionとFuturistic Swaverに注目




希代のメッセンジャーが綴るレクイエム:Moment Joon「BAKA」




年始の記事でも紹介させてもらった「TENO HIRA」に続く、移民ラッパーMoment Joonの2020年初シングル。3月にリリースの予定があるアルバム『Passport & Garcon』も控えているので多くは書かないが、「TENO HIRA」でも故ECDへのオマージュをラップしていたMoment Joonは今作ではその声を大胆にサンプリングしている。真に迫るそのメッセージとMomentからの問いかけ、ECDへのリスペクトが満載の楽曲となっている。4月3日(金)には、アルバム『Passport & Garcon』の楽曲をひっさげて初のワンマン「Garcon vs The World」を行う予定。メンツにはMoment Joon、Ace Cool、DJ Jr.、Gokou Kuyt。Hunger from Gagle、Jinmenusagiがクレジットされている。アルバムともども楽しみだ。




▶Moment Joon「BAKA」:https://linkco.re/dFg6fnDZ





ロンドンのフランク・オーシャンと言われる男:Col3trane「Someone To Watch Over Me」




昨年、ロンドンのシンガー、ラッパーであるMiraa Mayをフィーチャーした「Rendezvous 」(ランデヴーって読むんですって)、を聴いて以来虜になってしまったCol3trane。名前の由来は、かの有名サックスプレイヤーJohn Coltraneからだろうか。その音楽性やボーカルの雰囲気などからロンドンのフランク・オーシャンなどと言われている。ロンドン出身でLAに拠点を構え、FKJやGold Linkとも楽曲制作している注目のシンガーソングライター/プロデューサー。Frank Ocean好きはもちろん、FKJや、Masego、Daniel Caeserといったアーティストが好きな人にもおすすめ。この哀愁漂う雰囲気をまだ10代(今年20歳を迎える)で表現してしまっているのすごい。絵画風のジャケアートワークも素敵。




▶Col3trane「Someone To Watch Over Me」:https://smarturl.it/STWOMCol3trane



エモーショナル職人が奏でる、不穏なるインストグライム:Primula「Playing」




DÉ DÉ MOUSEが主宰するnot recordsよりリリースした3rdアルバム『GONE』のリリースやアルバムの中でグライムMC、ONJUICYとの共演が記憶に新しいPrimulaが新曲をリリース。今作はビートメイカーに特化した新興レーベルXXX//PEKE//XXX(ペケ)からのリリースとなっている。Primulaはジャンルを横断してエモーショナルなメロディを奏でてハードなビートを打ち、なにより踊りまくるトラックメーカー/プロデューサーである。儀式めいたその様式から放たれる音楽は、どこか懐かしい記憶を呼び覚ましてくれる。今作は本人いわく


「1人ぼっちで夕暮れから夜の遊園地で遊んでいるかのような妄想、ドリーミンかつハードなビートとシンセが響くインストグライム」


とのこと。遊園地ではないが、夕暮れどきの地区公園、友達がひょこっと偶然やってくるんじゃないかという期待と、もう陽が落ちてしまう不安が入り混じりながら待っていたときの光景を思い返した。怪しくて不穏な夕暮れの雰囲気、夜の空気が次第に生あたたかくなっていくこれからの季節にドンピシャ。





▶Primula「Playing」:https://linkco.re/uMg6DB3a




4年振り! Blood Orangeを迎えたスムースで幻想的な新曲:The Avalanches「We Will Always Love you(feat.Blood Orange)」




オーストラリア発のサンプリングマニアックス、The Avalanchesが4年振りの新曲をリリース。2016年の『Wildflower』は『Since I Left You』から実に16年振りのアルバムリリースだったわけで、それに比べれば早い方。今作はDev HynesことBlood Orangeをフィーチャーし、トリッピーでスムースな仕上がりに。The AvalanchesトラックにボーカルサンプルとBlood Orangeの美しい歌声が重なって幻想的な世界を展開する。かねてよりThe Avalanchesと交流のある野村訓市氏いわく「一緒に集めたサンプリング音源が使われて嬉しいな! 」とSNSのキャプションにて書き記している。野村訓市氏もレコード蒐集家だけあって、The Avalanchesとともに今作に使われたサンプリング素材を探す作業に協力したようだ。大人たちがアレコレ言いながらレコードをディグしている姿を想像するだけで楽しい。新曲が出た、ということでアルバムにも期待したいところだが時期尚早だろうか。






▶The Avalanches「We Will Always Love you(feat.Blood Orange)」:https://theavalanches.lnk.to/WWALY


Yuzionと気鋭のラッパー/プロデューサーがコラボ:Yuzion「You Wanna Die(Feat.Futuristic Swaver)」




若干18歳。韓国のアンダーグラウンドからその知名度を広げるYuzion(ユシオン)が、プロデューサーLaptopboyboyとしても多数のアーティスト、ラッパーに楽曲を提供するFuturistic Swaverとコラボ。韓国のフィメールアーティスト、ラッパーといえば有名どころだとCLに始まり、RICH BRIANと「THESE NIGHTS」で共演した元I.O.IのChung Ha、さらにはJvcki WaiやHyukohのボーカル、オ・ヒョクとも共演するCIFIKA、韓国のビッグネームZion.Tとコラボシングル「Dirty Love」を出したSUMINが注目されているが、Yuzionもイイ感じ。透明感のある声で「You Wanna Die」を連呼するYuzionとFuturistic Swaverのハスキーボイスでちょっとダルそうなラップがすごく相性がいい。両者は昨年、Futuristic Swaver名義のアルバム『Swag Society』収録「See Me Winnin」で共演している。今作のトラックはhu$$hがプロデュース。Laptopboyboyとしては単独参加していないが、Laptopboyboyテイストなフューチャーベース系Kawaiiサウンドが反映されていて中毒性が高い。



▶Yuzion「You Wanna Die(Feat.Futuristic Swaver)」:https://soundcloud.com/yuzion


▶関連記事

block.fmが選ぶ2020年の注目アーティストをピックアップ【海外編】

block.fmが選ぶ2020年の注目アーティストをピックアップ【国内編】

耳に嬉しいお年玉。年末年始にリリースされたPUNPEE、釈迦坊主らの新作をチェック


Photo:@MOMENT_JOON,@col3trane,@PrimulaKyun,@TheAvalanches,Yuzion Youtube

SHARE