Beyoncé「Brown Skin Girl」のMVを公開。Naomi Campbell、Kelly Rowlandや娘のBlue Ivyが出演

ディズニープラスにて配信されたビジュアル・アルバム『Black Is King』からのMV。
SHARE
2020.08.25 09:00

7月31日にディズニープラスから世界同時配信されたBeyoncé(ビヨンセ)のビジュアル・アルバム『Black Is King』から新たに「BROWN SKIN GIRL」のMVが公開された。


『Black Is King』はBeyoncé自身も出演している実写版『ライオン・キング』にインスパイアされた2019年リリースのBeyoncéプロデュースによるアルバム『The Lion King: The Gift』をもとにした映像作品。印象的なファッションも話題となっていた。






Destiny's Childのメンバーも出演


「BROWN SKIN GIRL」は今年「Roses」が世界的にヒットし、過去にはGucciのモデルもつとめたSAINt Jhn(セイント・ジョン)、大きなムーブメントとなった注目の音楽ジャンルAfrobeatsのアーティストであるWizkid(ウィズキッド)、そしてJay-Zとの間に産まれた長女のBlue Ivy(ブルー・アイビー)が参加。


公開されたMVにはモデルのNaomi Campbell(ナオミ・キャンベル)、アカデミー賞も受賞している女優のLupita Nyong'o(ルピタ・ニョンゴ)とさらにBeyoncéが所属するR&BグループDestiny's Child(デスティニーズ・チャイルド)からKelly Rowland(ケリー・ローランド)が出演している。



ブラウンスキンである事の誇り


日本では馴染みがないかもしれないが、黒人の中にも特に色の濃い”ダークスキン”、そして色の明るい”ブラウン(ライト)スキン”と分かれ、お互いにそう呼び合うことがある。ただし、当事者でない者が無闇に使うべき言葉ではないのご注意を。


そんなブラウンスキンである事の誇りが伝わるコメントをアメリカのモーニングショーに出演したBeyoncéが残している。


「Brown Skin Girlであることは私にとって大切なことで、今回は全ての種類のブラウンを表現しました。全ての個性を陽の当たる下で輝かせたいのです」


ブラウンスキン、黒人はもちろん、全ての人種に対して、それぞれの美しさがある事を強調したいBeyoncéのメッセージではないだろうか。




なお、『Black Is King』からはMajor Lazer(メジャー・レイザー)、Shatta Wale(シャッタ・ワーレー)が参加した「Already」のMVも公開されている。




written by BsideNews


source

https://www.billboard.com/articles/columns/pop/9438953/beyonce-brown-skin-girl-video

https://www.latimes.com/entertainment-arts/music/story/2020-08-24/beyonce-brown-skin-girl-video-youtube-black-is-king


photo

https://www.youtube.com/watch?v=vRFS0MYTC1I





SHARE