ベリンガーがセミモジュラーアナログシンセ「Crave」発表、あのProphet-5のサウンドが2万円で手に入る!?

近年は"クローンシンセ"で有名な同メイカーが、クローンではなく新作オリジナルシンセを発表した。
SHARE
2019.01.30 11:00

今月行われたNAMMで、ベリンガーはかねてから開発中のローランド「TR-808」のクローンドラムマシーン「RD-808」の価格や発売時期を明かしたことで注目されたが、同社は今回のNAMMでは新作アナログシンセも発表している。 


ベリンガーから2万円で買えるセミモジュラーシンセ「Crave」が登場 


発表された新作はセミモジュラータイプのアナログシンセ「Crave」で、こちらは”クローン”ではなく、同社のオリジナルシンセ。NAMMで発表された新作セミモジュラーシンセでは、コルグの「Volca Modular」が注目を集めたことが記憶に新しい。しかし、こちらの「Crave」もベリンガー製品らしく、販売価格は199ドル(約2万1700円)という低価格に設定。199.99ドルで発売されるVolca Modularと比べても価格面で見劣りしないことにまずは注目だ。




■関連記事:世界的楽器見本市出展で話題の最新モジュラーシンセVolca ModularとPocket Operator Modularがアツすぎる!


名機「Prophet-5」と同じオシレーター採用、拡張性の高さも魅力  


次にCraveは先述のとおり、ベリンガーのオリジナルシンセだが、オシレーターには「3340 analog oscillator」を採用。このオシレーターはアナログシンセの名機「Prophet-5」と同じもので、同社では以前、オリジナル・セミモジュラーアナログシンセのNeutronでも採用している。またMoogのMoogラダーフィルターが採用されており、ハイヴリッドなヴィンテージシンセ的音作りができるのが大きな特徴だ。




そのほかに32ステップのステップ・シーケンサー、アルペジエーターも搭載。さらにこのシンセ独自のアナログパッチベイは外部のアナログシンセやEurorack規格のギアとも接続可能で、その拡張性の高さも魅力的だ。 


ヴィンテージシンセの名機のサウンドを取り入れつつもベリンガーらしい低価格。現時点では発売日は未定なものの、今後、正式に発売がアナウンスされるのが待ち遠しい新作アナログシンセではないだろうか? 今後の続報に期待したい。

written by Jun Fukunaga


source:

https://www.factmag.com/2019/01/28/behringer-crave-synth-announced/


photo: MrFirechild YouTube




SHARE