IKE & rice water Groove Productionが気鋭のトークボクサーBaramonKを迎えた新曲「B.C.Pacific」をリリース&MV公開

「正統派 00年西海岸ヒップホップ」の空気を再解釈した楽曲。
SHARE
2021.07.07 08:30

東京を拠点とするヒップホップクルー IKE & rice water Groove Productionが、7月7日(水)に新曲「B.C.Pacific」をリリース。


客演としてトークボクサーBaramonKを迎えた「B.C.Pacific」は、自身が所属するDoggy G Central Recordsがビート、ミックス、マスタリング全てを手掛けており、「正統派 00年西海岸ヒップホップ」の空気を再解釈した懐かしくも煌びやかな1曲だ。


かつて衛星放送や違法サイトで見たあの頃のMVを思い出さずにはいられない、当時のフレイバーがふんだんに散りばめられたチープ&クールなミュージックビデオも必見。



またこの楽曲は、目下制作中の2ndアルバムからの先行シングルとなっていて、アルバムは年内にリリース予定。



【リリース情報】




IKE & rice water Groove Production - 「B.C.Pacific」

サブスクリンクまとめ:https://big-up.style/uJ9hepI3yK


【プロフィール】




IKE&rice water Groove Productionとは、「クラシックヒップホップの再解釈」をメインテーマに掲げる、3MCヒップホップクルー rice water Grooveと、LowCulTokyoのビートメイカー兼ラッパーのIKE が、時代を挟み撃ちする形で現行シーンに風穴を開けるべく設立した連合。 自身が所属するDoggy G Central Recordsがビート、ミックス、マスタリング全てを手掛ける。2019年3月末に行われたavex、DUM DUM LLP、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEがタッグを組んだ音楽業界の垣根を越えた“無差別級”LIVEオーディション<TOKYO BIG UP! 2019>では特別賞を受賞、同年9月には「りんご音楽祭」への出演を果たす等、次世代ヒップホップクルーとして注目されている。


Twitter: https://twitter.com/rwg_k

                

Instagram: https://www.instagram.com/rwg_k/?hl=ja


HP: https://ricewatergroove.tumblr.com/

  

SHARE