中国政府がBandcampを検閲? 規制によりアクセスできない状態に

現地レーベルやアーティストの報告により事態が発覚した。
SHARE
2021.02.20 04:00

現在、中国では、Bandcampにアクセスできない状況になっているようだ。RAによると、Bandcampは、現在、「グレート・ファイアウォール」と呼ばれる中国政府によるインターネットコンテンツのフィルタリングプログラムによって検閲対象となり、中国国内ではVPNを利用した場合のみ、アクセスできる状況にあるという。



現地レーベルやアーティストが規制状況にあることを海外メディアに報告 


この規制は、中国のレコードレーベルやアーティストが、ブロックされたサイトのスクリーンショットをRAに送ったことで明らかになったことで、複数の音楽業界の著名人や専門家も同様のスクリーンショットをSNS上で規制が行われていることについて、報告していると報じられている。


"アクセス規制"と聞くと大変な状況になっている印象がある。しかし、現地の反応は予想に反して緩やかだ。成都を拠点とするラジオプラットフォームとパーティークルー「Pulse」のDJ兼プロモーター、SilkBoiによると、Bandcampがブロックされたことは、コミュニティに衝撃を与えたが、その具体的な理由はまだわからないという。しかしながら、中国のアーティストはすでにサイトブロックの回避策を見つけることに慣れているため、このことは「自分たちのシーンをより良いものにし、ファイアウォールの外の世界とよりつながりを持たせるため」のもう1つの理由に過ぎないと述べている。



実質的にはこれまでと変わらないとの声も 


また、上海を拠点に近年は世界的な知名度を得るまでに成長した人気レーベル「SVBKVLT」に所属する同地のプロデューサー、Swimfulによると、一般的に中国では、最低賃金以上の収入を得ていて、アート、音楽、テクノロジーなどに興味を持っている人はVPNを持っていて、アプリケーションフィルタを設定していれば、おそらくVPNがオフになることはなく、「Bandcampで音楽を販売している中国のレーベルはすべてVPNを持っているはずで、それらのレーベルのアーティストもまたすべてVPNを持っているだろうし、実質的には何も変わらない」と述べている。 中国では、「グレート・ファイアウォール」によって、長らくGoogle、Facebook、Instagramなどの海外サイトがブロックされており、VPNなしでは、サウンドカード(もしくはオーディオインターフェイス)のドライバを確実にインストールすることすらできないという。そのため、裏を返せば現地のレーベルやアーティストはVPNが必須になるということだろう。 


なお、中国では最近、日本でもClubhouseが政府によって規制された可能性が報じられたばかり。BBCによると、現地ユーザーは、香港での抗議活動やウイグル人の扱い、中国と台湾の緊張の高まりなど、オンライン上で滅多に議論されることのない話題を交わしていたという。そのため、こういった反体制的なものを取り締まる目的で今回の検閲による規制が行われ、Bandcampもその一環として規制対象になったことが予想される。 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://ra.co/news/74705https://www.bbc.com/japanese/55979646 
https://www.bbc.com/japanese/55979646


photo: Bandcamp

SHARE