SSW・A.Y.A、ビートメイカー・Drivxsがアルバム『Mercury Retrograde』をリリース

メタリックなオルタナティブR&B、ヒップホップの持つ大胆さと、ビートミュージックの実験性を融合させたサウンド。
SHARE
2020.06.12 06:00

シンガーソングライターのA.Y.A、ビートメイカーDrivxsが、アルバム「Mercury Retrograde(マーキュリー・レトログレード)」をリリースした。



西洋占星術用語である「水星逆行」を意味する本作は、メタリックなオルタナティブR&B、ヒップホップの持つ大胆さと、ビートミュージックの実験性を融合させた、ソリッドでエッジーなサウンドとなっている。


ロマンチックでメロウなトーンで統一されていた昨年リリースのEP「Lil Romance」とは180°打って変わり、曲中で歌われているのは、 本質的なものへの渇望感、社会の欺瞞、トキシック・マスキュリニティ等、よりシリアスなテーマ。


内省的でありながらも前向きな「blue」や、不寛容へや偏見の苛立ちを隠さない「drake equation」、有害なマスキュリニティに物申す「sad boyz」「paper-chase」、混沌とした時代を生きる人々を鼓舞するタイトルトラックなど、宇宙という非現実感のあるモチーフを挟みながらも、そこで実際に語られているストーリーや感情は、若者なら誰しもが経験する普遍的なもの。


クールで洗練されたプレゼンテーションの下には、一切の媚びがない、実直すぎるほどのリアルネスが詰めこまれており、そこにはJuice WRLDやXXXTentacion、Lil Peepの登場以降、世界規模で真正面から憂鬱や闇を描くことが当たり前となったジェネレーションが感じている、本気の切迫感が現れている。





【リリース情報】




アーティスト: A.Y.A, Drivxs

タイトル: Mercury Retrograde

配信日:  2020年6月12日(金)

販売価格: 1069円


配信リンク: http://linkco.re/Zmqg20EC

歌詞・対訳・解説リンク: http://genius.com/albums/Aya-jp/Mercury-retrograde


先行シングル"blue"ミュージックビデオ



SNS


■A.Y.A:Twitter /Instagram


■Drivxs:Twitter/ Instagram




SHARE