Aviciiの死がきっかけ、「Tim Bergling Foundation」が解決に取り組む音楽業界のメンタルヘルス問題

Aviciiの父親が設立した財団では近年、業界の問題になっているメンタルヘルス問題の改善に取り組んでいる。
SHARE
2019.09.17 04:00

昨年、不慮の死を遂げたEDMプロデューサー、Avicii。その死には生前から彼が抱えていたというメンタルヘルス問題が関わっている。



音楽業界が抱えるメンタルヘルス問題をAviciiの死をきっかけに考える  


超売れっ子プロデューサーとして世界中を飛び回っていたAviciiだが、その過酷な移動やその先々のパーティーでの過度の飲酒で肉体的にも精神的にも不調をもたらしたため、晩年、彼はツアー活動からの引退を発表し自身の回復に努めていたことはEDMファンの間でも広く知られていたことだろう。  


死因である自殺を呼び起こすきっかけになったの”完璧主義者”といわれた性格だ。若くして成功をおさめ、世界中からの尊敬や名声を獲得したものの、繊細な性格のためだろう。彼は徐々に自分のことを”音楽ビジネスのための機械”だという考えにとらわれることになり、ファンを愛する一方で、スポットライトを浴びる生活からの撤退を決断を下さざるを得なくなった。しかしながら一度、壊れてしまったAviciiの精神は回復せず、結果的には悲しい最期を迎える結果に...。  


このような結末を迎える要因になったのは故人が抱えていたメンタルヘルス問題だが、それは何も彼だけに限ったことではない。音楽業界では似たような過度のストレスや疲労による精神的な問題を抱えているアーティストは多く、Record Unionによると、インディペンデントで活動するミュージシャンの73%が精神障害に苦しんでいるという。


Aviciiの死後、彼の父親であるKlas Berglingは、業界のメンタルヘルス問題改善のために「Tim Bergling Foundation」という財団を設立した。彼は今年の「International Music Summit(IMS)」にも出席し、業界が抱えるこの問題について、Aviciiが生前抱えていた問題を例に挙げながら説明している。





ファンを落胆させることへの強い恐怖に苛まれていたAvicii 


インディペンデントで活動するミュージシャンが抱えるメンタルヘルス問題の主たる要因はキャリアにおける失敗、孤独、金銭面での不安などだ。しかし、Aviciiの場合は、ミュージシャンとしては成功しており、金銭面での不安というストレス要因は当てはまらない。だが、その几帳面で真面目な”完璧主義者”的性格は、彼に常々、ファンを落胆させることへの強い恐怖を抱かせることになった。 その結果、アルコール依存の問題を抱えることになり、膵炎を患ったほかに胆嚢を削除する必要にも迫られた。またそういった肉体的な痛みを抑えるために非常に強い中毒性を持つオピオイド鎮痛剤、パーコセットを使用することになり、痛みを押さえてツアー活動を行なっていたという。 


また仕事のプレッシャーをはねのけるためにアルコールやドラッグを必要とするようになったAvicii。特に仕事であるDJ中の飲酒やドラッグの摂取は、大観衆を前にした”気つけ薬”的意味合いもあったが、それが徐々に彼を蝕んだ。また過密スケジュールによる移動は彼の睡眠時間を奪い大きなストレスに。社会的な不安を抱かせるきっかけになってしまった。


しかし、それを抑えるために彼はアルコールを必要としたことで、負のループに陥ってしまい、ますます不安や孤独に捉われることになった。そして、ついに状況が深刻化したことでツアー活動引退を決意したが、当初、それを進めてきたツアーマネージャーには怒りを露わにしていたという。そこにはAviciiのファンの期待に応えようとする責任感が見えるが、一方でそれが強迫観念的なものになっていたことを考えると言葉に詰まる。





Aviciiの意思を継いだ「Tim Bergling Foundation」 


そういったAviciiの悲劇的な死を踏まえ、現在、Tim Bergling Foundationは、ほかのミュージシャンの家族が同様の悲劇に見舞われないようメンタルヘルス問題の解決と自殺防止を啓蒙することに焦点をあてた活動を行なっている。 実際にAviciiの母国スウェーデンでも毎年およそ1500人もの自殺者が出ており、メンタルヘルス問題によって自ら命を絶つものが後を絶たないという現実的な課題がある。そのためTim Bergling Foundationは、2013年から活動を行うNGO団体「Suicide Zero」とも協力していく方針を固めている。また生前のAviciiの関心事であり、支援を行なっていた気候変動、絶滅危惧種の保護、自然保護問題にも取り組む。



Klas Berglingはメンタルヘルス問題について、「人に相談することを恐れたり、恥じたりするべきではない」、「周囲の人間や親兄弟、心理学者など自分を理解してくれる人物と話すことが悪化を防ぐ方法だ」と問題解決に対してコメントしている。


Tim Bergling Foundationの活動はスタートしたばかりだが、今後、団体のウェブサイトでは寄付を募るシステムも実装されるという。これはAviciiのファンが彼への愛と敬意をもって、その遺産を讃えることができるようにという配慮からきている。是非、そのシステムが公開された際には問題解決意識を持つファンは賛同の意味を込めたサポートを行ってみてはいかがだろうか? 

▶︎Tim Bergling Foundation
https://timberglingfoundation.org/


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://djmag.com/longreads/tim-bergling-foundation-helping-shape-mental-health-conversation-dance-music


photo: Avicii Facebook



SHARE