Avicii「SOS feat. Aloe Blacc」がリリース。楽曲制作の裏側を語るビデオも公開に

突然の死から1年、偉大なプロデューサーが遺した作品が世界に公開された。
SHARE
2019.04.11 01:00

死後1年が過ぎようとする本日、Aviciiの「SOS feat. Aloe Blacc」が世界同時リリースされた。また、2本の動画も公開に。





フューチャリングシンガーはAloe Blacc


フィーチャリングされたシンガーはAvicii最大のヒット曲「Wake Me Up」を歌っていたAloe Blacc(アロー・ブラック)。


Aviciiの死後、楽曲を仕上げた共同プロデューサーKristoffer FogelmarkとAlbin NedlerやAloe Blaccがどのようにして楽曲が完成したのかを語るメイキング・ビデオも公開になった。


Avicii The Story Behind "SOS"


そしてファンからのメッセージを集めた、ファン・メモリーズ・ビデオも公開になっている。


Avicii “SOS” Fan Memories Video



メイキング・ビデオにはTeam Aviciiの意向により、世界中のファンへより理解を深めてもらうため、各国の言語の対訳が設定されている(YouTube上のメニュー「字幕」をクリックすることで表示されます)。


また、日本レーベル公式サイトには英語詞に加えて日本語対訳も記載されている。楽曲のメロディーとは対象的に、Aviciiの生前の苦しみがひしひしと伝わってくる内容が胸に刺さる。


■リンク

Avicii Japan Special Site

https://sp.universal-music.co.jp/avicii/


Avicii「SOS feat. アロー・ブラック」販売リンク

https://umj.lnk.to/Avicii_SOS


関連記事

Aviciiの死から1年、シングル「SOS」とアルバム『TIM』がリリースされることが決定


written by 編集部

SHARE