IDMテクノのレジェンド、Autechreが待望の最新アルバム『SIGN』リリースを発表!

名門WARPの大御所がついに新作をドロップ。2020年代はじめてのアルバムには11曲が収録される。
SHARE
2020.09.03 07:00

IDMテクノ/エレクトロニカのレジェンドにして、名門レーベル「WARP」の大御所的存在のAutechreが最新アルバム『SIGN』を10月16日にリリースすることを発表した。



現在のAutechreのエッセンスを注ぎこんだ11曲が収録される『SIGN』 


Autechreは、1993年にリリースした鮮烈なデビュー作となった1stアルバム『Incunabula』をリリース。以来、90年代、00年代にもIDM/エレクトロニカシーンにおける重要作品を数多く残してきた。またテン年代には、さらなる変容を見せており、『Oversteps』(2010年)、CD2枚組『Exai』(2013年)の傑作を発表。その後、自身のサイトから2016年にはCD5枚組『elseq 1-5』、2018年にCD8枚組LP12枚組の超大作『NTS Sessions.』をリリースしている。 2020年代はじめてのアルバムリリースとなる本作は、16時間を超えながら「ひとつの作品」だと見なされていた『NTS Sessions.』とは対照的に、11曲のトラックに現在のAutechreのエッセンスを注ぎこんだ内容となり、アルバム名は『SIGN』と名付けられている。



音の進化を止めない、そして、音楽を消費することに徹底的に逆らう  


ポップ・ミュージックがより手軽なものとなり生活のBGMへと後退していく時代に、彼らはあくまでもリスナーに能動的な聴取体験を促す。音の進化を止めないということにおいて、そして、音楽を消費することに徹底的に逆らうことにおいて、Autechreは不動の姿勢を示し続ける。『SIGN』はその最新の成果であり、音楽に対して人間が能動的であり続けることの信頼となる作品だ。  


本作は10月16日に世界同時リリースされるが、国内盤CDにはボーナストラック「n Cur」の追加収録と解説書封入という特典もあり。また初回生産限定のTシャツ付きセットも発売決定しており、アルバムのアートワークおよびTシャツのデザインは、盟友デザイナーズ・リパブリックが手掛けている。 


90年代から現在に到るまでシーンからのリスペクトを集め続ける孤高の存在、Autechre。レジェンドの最新モードを聴ける日が今から楽しみでならない。



・リリース情報 

label: WARP RECORDS / BEAT RECORDS

artist: Autechre

title: SIGN


release date: 2020.10.16 FRI ON SALE


国内盤CD BRC-656: ¥2,200+tax

国内盤CD+Tシャツセット BRC-656T:¥6,000+tax

国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説書封入


[ご予約はこちら]

BEATINK.COM:

http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11389



written by Jun Fukunaga



SHARE