Apple Music、5000万ドル超の音楽基金を設立! インディーズレーベルを支援

新型コロナウイルス禍で影響を受けたインディーズ音楽業界をロイヤリティを前払いすることで支援する。
SHARE
2020.04.16 11:00

音楽ストリーミングサービスのApple Musicが、新型コロナウイルス禍で影響を受けたインディーズ音楽業界を支援するために5000万ドル超(約54億円)の音楽基金を設立し、インディーズレーベルを支援することが話題になっている。



ロイヤリティを前渡金として支払い、インディーズレーベルを支援 


Apple Musicは同基金から通常なら将来支払うはずのロイヤリティを立て替え、前渡金としてインディーレーベルとディストリビューターに対して前払いすることを決定。4半期に最低1万ドル (約100万円)の収入をApple Musicから得ているインディーレーベル及びディストリビューターであり、Apple Musicと直接的なディストリビューション契約がある場合はこの支援の対象となる。 Rolling StoneによるとApple Musicはすでに取引がある今回の支援対象者となるレーベルに基金を創設したことを伝えるメールを送付しており、サービスとしてインディーズレーベルとアーティストを支えていくことをその文面で示している。



Appleは今週末放送されるライヴイベント「One World: Together at Home」もサポート 


またApple Musicを運営するAppleは、今週日本時間18日に放送/配信されるLady Gagaがキュレーションするライヴイベント「One World: Together at Home」をメディアプラットフォームのひとつとしてサポートすることが決定しているほか、外出自粛を余儀なくされている人々に向けた音楽制作ソフトLogic Pro X、動画編集ソフトFinal Cut Pro Xの90日間無料試用キャンペーンを行っている。  


なお、現在までにコロナウイルス禍によって被害を受けた音楽業界を支えるために、Spotifyやbandcamp、SoundCloud、Beatportといた有名音楽プラットフォームがライブ配信や音源販売などの収益の還元や寄付を募るなど支援の動きを見せおり、Beatportは今週末も音楽業界サポートのための寄付を募る配信イベントを行うことを発表している。 


関連記事:Beatport配信イベント「ReConnect」再び! Boys Noize、David Guettaの別名義Jack Backら36組出演!


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.rollingstone.com/music/music-news/apple-music-quietly-starts-50-million-covid-19-advance-fund-for-indie-labels-979943/

https://www.theverge.com/2020/3/26/21196321/apple-final-cut-pro-logic-pro-x-90-day-free-trial-coronavirus 


photo: iphonedigital 

SHARE