Apple Music、DJミックスで使用されている曲のクリエイターを特定して報酬を支払うシステムを導入

音楽フェス、クラブ、プロモーター、キュレーター、レーベルなどDJミックス提供者にも公正な支払いが行われるようなる。
SHARE
2021.09.10 13:00

Apple Musicが、DJミックスで使用される楽曲を制作したアーティストを含む、DJミックスの制作に関わった全てのクリエイターを特定し、報酬を直接支払いができるようにするシステムを導入することを発表した。



Shazamのテクノロジーをベースに構築したシステム


このシステムは、Shazamのテクノロジーをベースに構築されており、メジャーレーベル及びインディーレーベルの協力を得て実現。今後、DJやアーティストにはDJミックスの再生時間に応じて報酬が支払われるようになるという。また、DJだけでなく、音楽フェス、クラブ、プロモーター、キュレーター、レーベルといったDJミックスのサプライヤーにも公正な支払いが行われるようなるとのことだ。

Apple Musicでは、昨年8月からBoiler RoomのDJミックスの配信が行われているほか、Honey Dijon、Amorphous、DBN Gogo、DJ Clue、Dām Funk、Funk FlexなどのDJによる今年のブラック・ミュージック・マンスにあわせて公開されたDJミックス、音楽フェス「Tomorrowland」のバーチャルフェスで披露されたDJミックス、絶景ローケーションからの配信で知られる「Cercle」のDJミックスなど、すでに数千のDJミックスが公開されている。また、9月10日からは「Studio K7!」の人気DJミックスシリーズ「DJ Kicks」の配信も開始されるが、今後もさらに多くのミックスが定期的に追加されていく予定だ。



"誰もが公平に扱われる正しい方向への一歩"


今年7月にDJミックスを公開した人気テクノDJ/プロデューサーでのCharlotte de Witteは、このシステムについて"誰もが公平に扱われる正しい方向への一歩"だと述べている。

クラブシーンではコロナ禍をきっかけにDJ配信を行うDJやクラブが増加した反面、著作権侵害の問題もシーンの課題になっていた。そのことを考えると今回のApple Musicの取り組みは、DJ配信の課題解決に向けた大きな一歩だと言えるのではないだろうか?

written by Jun Fukunaga

source:
https://www.musictech.net/news/industry/apple-music-stream-dj-mixes-pay-artists/

photo:flickr



SHARE