映画『ベイビー・ドライバー』の俳優アンセル・エルゴート、新曲を発表。ULTRA JAPANにも出演したその実力とは?

俳優だけでなくDJとしても活動中。年内には本人名義でデビューEPリリースが予定されている
SHARE
2018.01.17 03:30

2017年に公開された映画『ベイビー・ドライバー』は、スリリングなカーチェイスにクラシックなロック、ソウルなどセンスの良いサントラが話題になり、世界中で大ヒットを記録した。


もう一つ忘れられないのは、iPodで音楽を聴くことで超人的なドライビングテクニックを発揮する主人公ベイビー役を演じたアメリカ人若手俳優のアンセル・エルゴート(Ansel Elgort)の存在だ。


音楽マニアなベイビーのキャラクターを地で行く音楽好きなエルゴートが今回新曲「Supernova」をリリースした。 


DJとしてULTRA JAPANも経験  



実はエルゴートは俳優業だけでなく、DJとしても活躍している。「DJ Ansølo」というEDM DJとして、これまでに有名フェスのElectric Zoo Festivalに出演するなど人気と話題性がある。


さらに、なんと国内屈指のEDMフェスであるULTRA JAPAN 2015にもDJとして出演していたのだ。


アーティストとしてもDJ Ansølo名義でEDMバンガーな「To Life ft. Too Many Zooz」などいくつかのトラックをリリースしている。



新曲ではラップを披露  


そんな音楽好きのアンセル・エルゴートがリリースした新曲「Supernova」は、EDMでなく、ヒップホップやR&Bを彷彿させるアーバンミュージック系のトラック。スムースなトラップ調のトラックにあわせてラップを披露しているから驚きだ。


公開されたばかりのMVは、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のMVも手がける映像作家のColin Tilleyが担当。その部分からもアンセル・エルゴートが音楽にかける意気込みが感じられる。


新曲は年内にリリースが予定されているデビューEP『Supernova』のタイトル曲になるらしく、EPにはそのほかにも「Save Me」、「Ansel Back In Time」、「No Tomorrow」という3曲も収録されるとのこと。 俳優、DJだけでなく、ラッパーとしてのキャリアもスタートさせたアンセル・エルゴート。マルチな才能を持つ、今後の彼の動向に注目だ。 


『ベイビー・ドライバー』DVD、Blu-rayが近日発売  


なお、アンセル・エルゴートは最近、私生活で先述の『ベイビー・ドライバー』で演じたベイビーになりきり、自分が運転する車をスピンさせるファンサービス動画を公開。 同作のDVD、Blu-rayの販売、レンタルは1月24日から開始される。カーチェイスシーンはマジで白熱だし、サントラも超イケてるのでめちゃくちゃオススメ。ちなみに映画はカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも言われていたりするので、気になった人は映画も是非チェックしてみて! 


参考: 

http://www.nme.com/news/music/listen-baby-driver-actor-ansel-elgorts-new-single-supernova-2219101 

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/babydriver/ 


Written by Jun Fukunaga 

Photo: Eva Rinaldi

SHARE