Nasが2ndアルバム『It Was Written』25周年アニバーサリーエディションをリリースへ

Lauryn Hillも参加した名アルバム。新たに「Silent Murder」「Street Dreams (Bonus Verse)」が追加に。限定バイナル、7インチ、カセットも販売する。
SHARE
2021.06.28 07:00

現役で活躍するベテランラッパーのNas(ナズ)が今年25周年を迎える自身のセカンドアルバム『It Was Written』のアニバーサリーエディションをリリースすると発表した。


カセット版限定で収録されていた「Silent Murder」と「Street Dreams (Bonus Verse)」が追加され7月2日に公開される。最近ではDJ Khaled(DJ・キャレド)、DMXのアルバムに立て続けに参加するNasのクラシックアルバムを今一度振り返ろう。






歴史的名盤に続くセカンドアルバム


Nasと言えばやはりデビューアルバムである『Illmatic』のイメージが強い。確かに当時のヒップホップにおけるオールスタープロデューサーが参加し、時代も後押しした名盤であることは間違いないが、セカンドアルバム『It Was Written』も高い評価を受けたアルバムだ。


ファーストとセカンドではある種の“ジンクス”がお約束となっている中『It Was Written』でのNasはラジオ向けの曲も用意しつつ、自分のスタイルを楽しむ余裕を見せている。


特にLauryn Hill(ローリン・ヒル)が参加した「If I Ruled The World (Imagine That)」はファーストではできなかったコラボを実現させた。その時点で『It Was Written』の評価はもっと高くなってもいいものだったろう。アルバムでは「Street Dreams」もクラシックと呼ばれる名曲のひとつで、収録されるボーナスバースのリリックが気になるところ。




限定バンドルも販売


今回のアニバーサリーエディションのリリースに合わせて、カラーバイナルの2LP、7インチさらにカセットテープまで一緒になったセットが販売される。2LPにはアルバム曲のリリックがスリップケースに入っていて、7インチには「The Message」と「Street Dreams (extended version)」が収録されているとのこと。


2000ユニット限定となっているので入手困難かとは思うが、気になる方はサイトからチェックしてみよう。ちなみに出荷は9月に入ってからになるようだ。







Nasはレーベル「Mass Appeal」とともに、2023年で50周年を迎えるヒップホップを祝うべくドキュメンタリーも制作中。ヒップホップの四大要素だけでなく、これまでにフォーカスされてこなかった文化的側面も伝えていく作品になるそうだ。ドキュメンタリーは今年の年末から2023年にかけてアメリカのケーブルテレビ局「Showtime」で放送予定。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/nas-to-release-25th-anniversary-edition-of-it-was-written-with-new-bonus-songs-news.134483.html


photo

https://www.amazon.co.jp/Was-Written-Nas/dp/B000002B1M




SHARE